【マスク生活でニキビに悩む人が急増!】ニキビの原因と対策

マスク生活が続くことにより、繰り返しできるニキビに悩む方も増えたのではないでしょうか。
今回は、繰り返しニキビができる原因と、ニキビを予防するための見直すべきポイントをご紹介いたします。

なぜマスクでニキビが繰り返しできてしまうの?

【マスク生活でニキビに悩む人が急増!】ニキビの原因と対策
マスクをすることは、ニキビができる直接的な原因ではありません。ニキビは毛穴に詰まった皮脂や汚れが原因となって発生します。しかし、マスクをした時に以下のような環境になることで、ニキビが悪化したり、繰り返しできやすくなります。
①マスク内の蒸れ
マスクの中は、吐く息によって温度や湿度が高くなりやすい環境にあります。高温多湿の状態は、菌が繁殖しやすくなり、ニキビを悪化させる原因となります。
②マスクが擦れることによる刺激
マスクが肌に当たったり、擦れたりする刺激が、ニキビを悪化させる原因につながります。とくに、女性はホルモンバランスが崩れやすい生理前などの、肌のバリア機能が低下している時期は注意が必要です。
では、次はニキビができてしまう原因を見ていきましょう。

ニキビができる本当の原因は?

ニキビは、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の2つに分けることができ、それぞれニキビのできる原因が異なります。
思春期ニキビ
思春期ニキビ
「思春期ニキビ」は、ホルモンの分泌が活発になり始める、10代の思春期の頃にできるニキビのこと。皮脂が過剰に分泌され、毛穴に詰まることでニキビができやすくなると言われています。
なので、ニキビができる箇所も、皮脂量の多いおでこや鼻にできることがほとんど。
この「思春期ニキビ」の多くは、20代以降になってホルモンバランスが安定してくると自然に治まります。
大人ニキビ
大人ニキビ
「大人ニキビ」は、20代以降にできるニキビのこと。ターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)の乱れにより古い角質がたまり、毛穴を詰まらせることが原因だと言われています。
なので、「大人ニキビ」は、フェイスラインや口周り、あごといった皮脂量が少なく、乾燥しやすい場所にできやすいのが特徴です。ターンオーバーの乱れには、生活習慣や化粧品の刺激、ストレスによるホルモンバランスの乱れなど様々な要素が影響しています。
この大人ニキビを治療するためには、できてしまったニキビの炎症を抑えるとともに、生活習慣やスキンケアの見直しが大切です。
とくに大人ニキビは、マスクが当たるフェイスラインにできやすいため、マスクをすることで悪化させてしまうリスクが高まります。マスク生活でニキビが気になり始めたときは、まず肌の状態や環境を整えることから始めてみましょう。

ニキビを予防するためには?

正しい洗顔

ニキビを防ぐためには、肌を清潔に保つことが大切です。基本的には朝と晩の2回洗顔をするようにしましょう。正しい洗顔方法で、ニキビのできにくい肌の土台を整えることができます。
また、洗浄力の強い洗顔料はニキビ肌の負担になってしまうため、汚れに合わせた洗顔料で、できるだけ肌にやさしいものを選ぶのがおすすめです。
正しい洗顔方法
準備:洗顔前にハンドソープなどで手を洗い、清潔な状態にしておく。

【STEP.1】

洗顔料をよく泡立て、毛穴の気になる小鼻と皮脂の多い額から洗顔スタート!
正しい洗顔方法

【STEP.2】

顔の中心からクルクルと泡を広げていく。

【STEP.3】

30~32度のぬるま湯で洗い流す。
清潔なタオルでこすらないように、やさしくあてて水分を吸収する。
ニキビができている時は、毛穴に詰まった角栓や古い角質をやさしくオフしてくれるような洗顔料を使うのもおすすめです。

ニキビを防ぐスキンケアをプラス!

いつものスキンケアをニキビや肌荒れを防いでくれるものに変更してみましょう。
また、いつものスキンケアにプラスして、ニキビの気になるところだけケアできる部分用の美容液を使用するのもおすすめです。

毎日のスキンケアと生活習慣を見直そう!

マスク生活が続き、以前よりニキビや肌荒れが気になる方も多いはず。そんなときは、まず肌の状態や環境を整えることを意識してみてください。
スキンケアだけでなく、生活習慣も肌に影響しているとも言われています。これを機に、スキンケアも、生活習慣も、一度見直してみるのはいかがでしょうか?
\あわせて読みたい/

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

商品合計¥5,500以上で送料無料

平日午後14時までのご注文で当日出荷

RECOMMEND

お問い合わせはこちら

TOPへ

コンテンツを探す

商品を探す