【肌の乾燥対策は秋から始める】秋に多い肌トラブルと対策法を解説

肌の乾燥が最も気になる秋冬シーズン。「乾燥するのは仕方ない」と思っている方は要注意です。肌の乾燥が引き起こす肌トラブルと、季節の変わり目に見直したいスキンケアについて解説いたします。

「湿度低下のピークになる前」の秋から乾燥対策を

秋は、冬の「乾燥の季節本番」への入り口です。
湿度の高い夏~残暑の9月を過ぎると、10月ごろから湿度は10%以上低下しはじめます。そして乾燥のピークは12月~2月といわれており、さらに40%~50%も湿度が低下していくそうです。

空気が乾燥すると肌から水分が奪われやすく、肌の乾燥が進んでしまうと「くすみ」や「かさつき」、「ごわつき」の原因となっていきます。湿度低下のピークになる前の秋からの乾燥対策として、毎日のスキンケア、特にうるおいのヴェールで肌を包み込み、肌の水分キープは欠かさないよう心掛けましょう。

暖房の効いた室内も乾燥していきますので、室内では加湿器などを活用して空気の乾燥を和らげたいですね。

肌の水分量の大切さ

人の臓器の中で、最大の大きさを占める肌の最表面にある表皮は、真っ先に外部環境と接するものです。環境変化を受けやすいと同時に、「バリア機能」や「保水機能」という恒常性の維持により、外部変化から体内を守るという役割を持っています。また、これらの機能は、見た目や肌トラブル、いわゆる肌の老化現象である、シミやしわなどにも大きくかかわっているといわれています。つまり、肌の乾燥が進むと、バリア機能が低下して水分の蒸散がさらに進み、外部からの刺激にも弱い状態になってしまうのです。

季節に合わせたスキンケア

残暑が過ぎれば、たちまち秋風が吹き、季節の変わり目は肌ストレスに拍車をかけます。同じ人の肌でも、季節によって乾燥の度合いは異なります。夏はさっぱりした使い心地の化粧品を使っていた方も、季節の変化に合わせて、より保湿効果の高いものに切替えるのもおすすめです。

お肌のお手入れももちろん大切ですが、健やかな肌のためには、バランスの良い食事も重要です。
自宅での食事割合が増えている今、できれば、肉、魚、大豆製品などのタンパク質はしっかり摂りたいもの。また、皮膚や粘膜の働きに関係するといわれているビタミンB2やB6、抗酸化の働きを持つビタミンC、肌の健康維持に係るビタミンAなどの各種ビタミン類は、野菜や果物から摂ることができます。おいしいものが出回る秋だからこそ、彩のある食習慣で、美しい肌を守りましょう。

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

商品合計¥5,500以上で送料無料

平日午後14時までのご注文で当日出荷

RECOMMEND

お問い合わせはこちら

TOPへ

コンテンツを探す

商品を探す