角栓ができる原因とスキンケア方法

鏡を見るといつの間にかできている小鼻のポツポツ黒ずみやざらつきが気になった経験はありませんか?その正体は「角栓」です。今回は角栓ができてしまう原因とスキンケア方法をご紹介します。 日々のスキンケアで角栓予防をしましょう!

角栓とは?

角栓のメカニズム
スキンケアやメイクをする時に鏡を見ると、気になるのが小鼻の黒ずみやざらつき。これらの原因は毛穴に詰まっている「角栓」です。
角栓は皮脂が出やすい部分にできやすいため、皮脂が毛穴に詰まったものだと思われている方も多いと思います。角栓の構成成分は肌のターンオーバーによって古くなり剥がれ落ちた角質が70%と、毛穴に詰まった皮脂が30%です。
肌の上に溜まった古い角質が毛穴に蓋(=栓)をするため「角栓」と言われています。角栓が詰まったままの状態でいると、酸化して黒ずみとなり目立ってきます。

メイクには油分が含まれているため、メイクの落とし残しがあると古い角質や皮脂、さらにメイク汚れが混ざりあった状態で毛穴の中に溜まっていき、ますます角栓が目立つ状態になります。
角栓のできる原因
①メイクの落とし残し
メイクがしっかり落としきれていないと、メイク汚れが毛穴の中に溜まっていきます。メイクには油分が含まれているため、その油分が酸化して黒ずみに繋がります。

②ターンオーバーの乱れ
肌のターンオーバーサイクルが滞ると、古くなった角質が除去できずに溜まり、角栓となります。

③過剰な皮脂:ホルモンバランスの乱れや肌の乾燥などで皮脂の分泌が増えてしまうのも原因の1つです。過剰に分泌された皮脂は毛穴の中に溜まりやすく、角質や肌表面の汚れと混ざり合って角栓になってしまいます。

角栓ができると様々な肌トラブルに繋がると言われています。 毛穴が閉じられなくなってしまうので、肌ざわりがザラザラになったり、メイクのりが悪くなります。時間が経って酸化した角栓が黒ずみとなり、頑固な詰まりになってしまいます。 角栓が毛穴を塞ぐことで肌全体がくすんだ印象になったり、角栓に雑菌が繁殖すると炎症を起こしてニキビの原因にもなります。

おすすめのスキンケア方法

毎日のスキンケアで予防をしましょう!

クレンジング
その日のメイクはその日のうちにしっかり落とす事が重要です。 クレンジングはメイクの洗い残しがないようにする事がポイントですが、高い洗浄力のもので必要以上に皮脂をとってしまうクレンジングはバリア機能の低下や乾燥に繋がりやすいのでNGです。 肌にうるおいを残しながら、しっかりとメイクをOFFすることが大切です。 チャントアチャーム クレンジングミルクは、しっかりメイクを落としながら洗いあがりはしっとり仕上がりで、肌のうるおいを守るクレンジングです。
洗顔
角栓の構成成分のうち70%を占めるのは古くなった角質です。 古くなった角質を分解するには酵素成分が有効です。酵素成分配合の洗顔料を使用して、弾力のある濃密な泡で優しく洗いましょう。 チャントアチャーム パウダーウォッシュは酵素のパパイン(洗浄成分)を配合していて、毛穴に詰まった角栓や古い角質をやさしくほどくように分解します。
保湿
乾燥は角栓を引き起こす要因の一つとなるので、肌の大敵です。 綺麗に洗顔した後はたっぷりの化粧水でうるおいを与えましょう。 乾燥して古い角質が気になる時は化粧水の重ね付けやコットンパックでうるおいを補給する保湿ケアがおすすめです。与えたうるおいが逃げていかないように、乳液やクリームで蓋をして保湿します。

チャントアチャーム ローションRは、とろみのあるテクスチャーで角質層へぐんぐん浸透するしっとり化粧水です。温泉水やハーブ、アミノ酸が肌に潤いを与え、肌本来の美しさを保ちます。

チャントアチャーム モイスチャライジングミルクは角質層にうるおいをとどめる乳液です。植物オイルのヴェールで肌を包み込み、肌のうるおいバランスを整えましょう。

【プラスワンでおすすめ!】

チャントアチャーム ピールケアオイルは、角質ケアと保湿を同時に叶える2層式の美容液です。角質ケア成分(AHA)を含有するコメ発酵エキス*を配合し、肌を柔らかくし、なめらかに整えます。

NG習慣
何気なく行っているいつもの習慣が角栓の元になっているかもしれません。当てはまるものがないか、ぜひチェックしてみてください。

①メイクを落とさない
メイクを落とさずに寝てしまったり、クレンジングでメイクの洗い残しがあると、毛穴にメイク汚れが詰まってしまいます。

②洗いすぎ
角栓ケアのために1日に何度も洗顔をしたり、長時間洗顔するのは肌にとって摩擦や負担になるため良くありません。1日に2回、朝晩の洗顔が理想的です。

③擦りすぎ
黒ずみが気になるからといって、強い力でゴシゴシと洗ってしまうのはNGです。摩擦によって角質を厚くしてしまいます。弾力のある泡でやさしく洗いましょう。

④爪やピンセットなどで無理やり押し出す
角栓を爪やピンセットなどで無理に押し出すと、皮膚が傷ついて炎症に繋がってしまう可能性があります。押し出す刺激によって、過剰な皮脂分泌を招いてしまうこともあります。

日々のスキンケアで予防をしましょう!

肌のざらつきや黒ずみ、ニキビの原因となる角栓。
日々のスキンケアで優しく汚れを落とし、たっぷりの保湿でお手入れをしましょう。

▼ あわせて読みたい!

この記事を監修する専門家

開発チームインタビュー-木下

研究開発本部 製品開発チーム
木下由香里

ケミカルの化粧品会社でスキンケアの商品開発を経てネイチャーズウェイに入社。入社後は肌本来の力を活かすオーガニックコスメの企画・開発に携わり、ケミカルに基づいて製作したコスメで、最高の使用感を実感していただける商品を皆様に届けることを理想としている。

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

商品合計¥5,500以上で送料無料

平日午後14時までのご注文で当日出荷

RECOMMEND

お問い合わせはこちら

TOPへ

コンテンツを探す

商品を探す