ナチュラルオーガニックコスメ専門サイト | ネイチャーズウェイ オンライン

メイクの正しい順番を徹底解説!【初心者向け】アイメイク・ベースメイクの手順

メイクの正しい順番を徹底解説!【初心者向け】アイメイク・ベースメイクの手順

つい自己流になってしまいがちな毎日のメイクルーティン。
仕上げる順番や塗り方、使うアイテムによって、仕上がりの美しさやメイクの持ちは大きく変わります。今一度毎日のメイク方法を見直して、ワンランク上の仕上がりを叶えませんか?
ベースメイクからポイントメイクまで、詳しく解説していきます。

TOPICS

メイクの正しい順番は?

1.スキンケア

まずは丁寧なスキンケアで肌にうるおいをたっぷりチャージ。

2.ベースメイク

化粧下地→ファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダーの順で仕上げます。

3.アイメイク

アイブロウ→アイシャドウ→アイライナー→ビューラー→マスカラの順で仕上げます。

4.リップ&チーク

リップとチークで、血色感をプラスします。

5.フィニッシングミスト

最後にフィニッシングミストをふんわり吹きかけることで、メイクをしっかり密着させて仕上がりをキープします。ミストタイプの化粧水でも◎

1~5のそれぞれのステップを、さらに細かく分類して解説していきます。

1.スキンケア

メイクを綺麗に仕上げるためには、メイク前のスキンケアが重要です。
洗顔で肌を清潔な状態に整えたら、化粧水・美容液・乳液などでしっかり保湿してあげましょう。
角質層の隅々までしっかりうるおい成分を浸透させて、メイクの土台を整えます。

スキンケアの選び方のポイント

まずは今の肌状態をチェック!そのときの肌状態に合わせて、使うアイテムを見極めましょう。
乾燥気味なら高保湿タイプ、オイリー気味ならさっぱりタイプ、肌がゆらぎ気味なら敏感肌用や低刺激なアイテムを使用します。スキンケア後は、5分程度そのまま放置してスキンケア成分がしっかり肌に馴染んだことを確認してからメイクを始めましょう。

スキンケアの順番

1.洗顔

たっぷりの泡で、摩擦が起きないようにやさしく洗います。皮脂が出やすいTゾーンから洗い、頬は手のひら全体で包み込むように洗うのがおすすめです。
最後は水又はぬるま湯でしっかりすすぎ、清潔なタオルで押し当てるようにやさしく水気を吸い取ります。

2.化粧水

化粧水で肌に水分のうるおいを与えます。適量を手やコットンで馴染ませたら、乾燥しやすい頬には重ね付けをしておくのがおすすめです。最後に手のひら全体でハンドプレスしましょう。美容液を使う場合も、同じく最後にハンドプレスをして密着させます。

3.乳液・クリーム

肌の乾燥状態や季節に合わせて、乳液・クリームのどちらかで油分のうるおいを与えつつ、化粧水のうるおいを閉じ込めます。2と同様に、ある程度広げたらハンドプレスをするのを忘れずに。

スキンケアのおすすめ商品

150mL ¥2,860(税込)

うるおいを守りながら、汚れや古い角質によるくすみを落とすふんわり泡洗顔。
弱酸性の泡が肌に密着し、こすらずきちんと汚れを落としつつ、洗い上がりはしっとり。みずみずしい肌をキープします。

150mL ¥2,640(税込)

しっとりとしたテクスチャーの「絶妙とろみ化粧水」。20代後半から激減すると言われている「セラミド」を補うため、コメヌカから抽出される天然植物性セラミド「コメヌカスフィンゴ糖脂質(保湿)」を配合。更に、ヒアルロン酸をはるかにしのぐ保水力を持つと言われる「シロキクラゲ多糖体(保湿)」を配合し、肌の水分をキープしてバリア機能を保ちます。

販売名:チャントアチャーム 薬用アクネ ローション
150mL ¥2,970(税込)

さっぱりとしたテクスチャーながら保湿力もしっかり感じられる「薬用化粧水」。汗・皮脂によるベタつき*1、季節や環境、年齢の変化により肌が不安定なときにおすすめです。薬用成分*2がニキビや肌荒れなどの肌トラブルを防ぎ、なめらかで美しい素肌へと整えます。

*1 油性肌
*2 グリチルリチン酸2K(有効成分)

120mL ¥2,860(税込)

ハリとうるおいが満ちる、なめらかな肌に導くしっとり乳液。
コメヌカから抽出される天然植物セラミド「コメヌカスフィンゴ糖脂質(保湿)」を配合し、肌の水分をキープしてバリア機能を保ちます。みずみずしいテクスチャーながら、馴染ませるともっちりとしたしっとり肌に。

2.ベースメイク

ベースメイクは、必ずしもファンデーションを使用しなければいけないわけではありません。
カバーしたい肌悩みや、なりたい肌印象に合わせてアイテムをセレクトしましょう。
「ノーファンデ」にしてみたり、オールインワンのBBクリームやCCクリームで仕上げるのもおすすめです。

ベースメイクの順番

1.日焼け止め

オールシーズン、日焼け止めは必須です。スキンケアで肌を整えた後は、まず一番初めに日焼け止めを必ず塗りましょう。また、日焼け止めは2~3時間おきの塗り直しが推奨されています。メイクの上からでも使えるパウダータイプの日焼け止めを持ち歩いておくと便利です。

2.化粧下地

化粧下地は、メイクのりや持ちをアップさせます。毛穴補正効果のあるものやテカリを防止するもの、肌色を補正するコントロールカラー下地など、肌悩みやなりたい印象に合わせてセレクトしましょう。
紫外線カット効果がきちんとあるものは、日焼け止めのステップをスキップできますよ!

3.ファンデーション

ファンデーションは、ツヤ肌・マット肌・素肌感のナチュラル肌など、なりたい肌を叶えます。好みの質感のアイテムを選び、厚塗りに注意して丁寧に塗りましょう。Tゾーンや目周り、口周りは崩れやすいため、薄付きに仕上げるのがおすすめです。

4.コンシーラー

ニキビやニキビ跡、シミ・クマなどが気になる場合は、コンシーラーをファンデーションの上から部分的に重ねてカバーします。少量を少しずつのせ、周りの肌色と馴染むように境目をぼかすのがポイントです。パウダータイプのファンデーションを使用する場合は、化粧下地のあとに塗ります。

5.フェイスパウダー

最後には必ずフェイスパウダーでメイクをフィックスさせます。ツヤ感を残したふんわり肌は粉状のルースパウダー、するんとした陶器肌やマット肌は固形のプレストパウダーを使用するのがおすすめです。

ベースメイクのおすすめ商品

30mL ¥3,520(税込)

SPF50+ PA+++/ブルーライトカット97.2%*1 /近赤外線カット92.9%*1

うるおいで肌を満たし、光ダメージからしっかり肌を守るUV下地。みずみずしいテクスチャーでスッと肌に馴染んで上品なツヤを仕込み、自然なトーンアップ*2を叶えます。

*1 第三者機関実施試験結果より
*2 メイクアップ効果による

25mL ¥3,520(税込)

SPF31 PA++/ブルーライトカット94.6%*1

崩れない、乾かない。肌表面の水分・油分のバランスを保ち、化粧崩れを防ぐ「美容液ベース」のメイク下地。自然にトーンアップ*2し、ファンデーションがスーっと伸びやすいフラットでなめらかな肌に。

*1 第三者機関実施試験結果より
*2 メイクアップ効果による

20mL ¥4,510(税込)

SPF25 PA+++/ブルーライトカット99.4%*

メイクしている間中、肌をトリートメントし続ける「トリートメントマスク処方」のファンデーション。丁寧なスキンケアをほどこしたような艶めきと、充実のうるおいを感じる肌に。

* 第三者機関実施試験結果より

4g ¥3,960(税込)

SPF50+ PA++++/ブルーライトカット99.9%*

気になる肌トラブルにピタッと密着し、自然に肌に溶け込むコンシーラー。ニキビやニキビ跡、シミなどのピンポイントの肌悩みをカバーしたい方におすすめです。

* 第三者機関実施試験結果より

8.5g ¥2,640(税込)

SPF23 PA++/ブルーライトカット92.4%*

アイクリーム級の美容成分が密着してうるおいを与える、「密着アイクリーム処方」の部分用ファンデーション。悩みが多い目周りの悩みを光の拡散効果でカバーし、いきいきとしたみずみずしい目もとに。

* 第三者機関実施試験結果より

7g ¥4,730(税込)

SPF40 PA+++/ブルーライトカット98.7%*

テカリを抑えながらふんわりやわらかな肌に仕上げる、しっとり質感のフェイスパウダー。
肌の水分・油分のバランスを快適な状態に保ち、メイクの仕上がりをキープします。

* 第三者機関実施試験結果より

毛穴におすすめ!限定凸凹プライマー

3.アイメイク

アイメイクは、顔のフレームと言われている眉から仕上げていくと、メイクのバランスを調整しやすくなります。
アイブロウ、アイシャドウ、アイライナー、マスカラそれぞれの色の組み合わせや塗り方次第で、メイクのバリエーションはぐっと広がります。

アイメイクの順番

1.アイブロウ

なりたい眉の形に合わせて余分な眉をカットしたら、眉ブラシで毛並みを整え、髪色と同系色のアイブロウで描いていきます。眉頭は薄く、中間から眉尻に向かって濃くなるように描くと自然に仕上がります。

2.アイシャドウ

アイシャドウは、まぶたの陰影や立体感を際立たせます。質感や色合いによって雰囲気ががらっと変わるので、シーンに合わせてファッションとコーディネートしてみましょう。

3.アイライナー

アイライナーは目の輪郭を際立たせます。まつ毛の隙間を埋めるインラインは、ナチュラルに目力をアップできるのでおすすめです。

4.ビューラー

ビューラーでまつ毛を上向きに。根元から挟み込み、中間、毛先と3段階で使用するとナチュラルなカールを作れます。

5.マスカラ

まつ毛のボリュームや長さを出して目力をさらにアップ!ダマにならないようマスカラ液の量をしごいて調整し、まつ毛の根元から左右に動かしながら塗ります。毛先にはあまり付きすぎないように注意しましょう。

アイメイクのおすすめ商品

2.2g ¥3,520(税込)

2色のブレンドでふんわりとした自然な立体感を演出するアイブロウパウダー。にじみにくく、自然な仕上がりが続きます。質感や形にこだわった、描き心地抜群のブラシ付き。

0.09g ¥3,080(税込)

描きやすいのににじみにくい、自然に仕上がるアイブロウペンシル。デリケートな目元をいたわるやわらかな描き心地。スクリューブラシ付き。

4.3g ¥4,290(税込)

"Basic Nature"をコンセプトに、素肌を際立たせ、誰もが持ち合わせている個人の美しさと個性を引き出す、ベーシックカラーのアイパレット。

0.14g ¥3,080(税込)
やわらかくなめらかな描き心地で、印象的な目もとを演出するアイライナー。にじみにくく、美しい仕上がりが続きます。ぼかせるチップ付き。
7g ¥3,080(税込)

まつ毛をいたわりながら、自然な長さとボリュームを引き出し、バランスの良いまつ毛を演出するマスカラ。石鹼で落とせる処方です。

こすってもよれない!限定リキッドカラー

4.リップ&チーク

リップとチークは、顔に血色感をプラスする「メイクの仕上げ」
チークは頬に自然な血色感を与え、リップは塗り方や色味によって、様々な雰囲気を楽しめます。
リップとチークの順番は、リップ→チークの順で塗るとチークの塗りすぎを防ぐことができ、よりバランスよく仕上げることができます。

リップとチークを塗るときのコツ

・リップ

リップクリームを下地に塗り、お好みのルージュで仕上げます。
直接唇に滑らせて塗ると本来の色味がしっかり発色して華やかな印象になりますが、カジュアルスタイルやナチュラルメイクには、ルージュを唇に叩き込むように塗る「ポンポン塗り」がおすすめです。
また、唇の中央にだけ塗り、周りを指でぼかしながら広げていくグラデーション塗りは、フェミニンでやさしい印象に仕上がります。

・チーク

チークは、頬に血色感をプラスするだけでなく、入れ方次第では小顔効果も狙えます。

丸顔さん・・・縦長を意識して細くシャープに入れる

面長さん・・・頬骨の高い位置に横長に入れる

逆三角形さん・・・頬の中心よりやや下めに、丸く広く入れる

ベース顔さん・・・黒目より外側に、楕円形を意識して斜めに入れる

「クリームチーク」を使用する場合は、あえてフェイスパウダーの前に使用し、内側から湧き出る自然な血色感を演出するというテクニックもあります。

リップとチークのおすすめ商品

2g ¥3,520(税込)

しっとりと唇に溶け込むように馴染む、高発色セミマットルージュ。
天然色素ならではのくすみカラーを活かした、素肌をより明るく綺麗に魅せる8色展開です。

3.1g ¥3,960(税込)

肌に自然な血色感を与え、いきいきとした表情を引き出すふんわり発色のパウダーチーク。頬に溶け込むように密着し、つけたての仕上がりが続きます。

1.7g ¥3,080(税込)

リップにもチークにも目元にも使える、UVカット効果付き(SPF17 PA++)の指塗りマルチカラー。つややかでシアーな質感のクリームが肌にぴたっとフィットし、自然な血色を与えます。

5.フィニッシングミスト

最後にフィニッシングミストでメイクをフィックスさせます。顔から20~30cm程度離したところから、顔全体に吹きかけましょう。
ミストタイプの化粧水でも代用できます。粒子がきめ細かいミスト化粧水なら、顔全体にまんべんなくうるおい成分が行き渡ります。

フィニッシングミストの役割

ミストの細かな粒子が素早く均一に顔全体に行き渡り、適度なうるおいを肌に与えることでメイクを密着させ、メイク崩れを防ぐことができます。ミスト化粧水なら、日中のうるおいチャージや化粧直しにも使用できるので、外出時には持ち歩いておくと便利です。

フィニッシングミストのおすすめアイテム

50mL ¥3,300(税込)

メイクキープまで叶える、特別な"リンゴ果実水*"の美容液ミスト。

メイクの仕上げやメイク直し、乾燥が気になるときに、フレッシュなうるおいとツヤを与えてメイクをキープします。

* 保湿成分
100mL ¥3,300(税込)

細かいミストが角質層の隅々まで素早くうるおいを届け、肌をリフレッシュするフェイシャルミスト。過酷な乾燥地帯でも長期に渡り内部に水分を蓄え、綺麗な花を咲かせるウチワサボテン*のエキスを配合しています。

* オプンチアフィクスインジカ茎エキス(保湿成分)

まとめ

メイク前のスキンケアからベースメイク、ポイントメイク、最後の仕上げまで、フルメイクの手順をご紹介しました。
順番が一つ変わるだけでも、仕上がりのクオリティは左右されます。今一度すべてのメイク手順をおさらいして、メイクでつくる理想の美しさを最大限に引き出しましょう!

毎日楽しくメイクをして、今よりもっと美しい自分に出会いませんか?

執筆者

ネイチャーズウェイ
コンテンツ担当

さくらい

飲食店やアパレル店の接客経験を経て、 化粧品の販売スタッフとしてネイチャーズウェイに入社。現在はSNSやコラムの執筆を担当。趣味は美味しいお酒と映画。

SHARE:

Nature’s Way(ネイチャーズウェイ)について

日本のオーガニックコスメのパイオニア*であるNature’s Way(ネイチャーズウェイ)が運営する公式通販サイト。
ネイチャーズウェイの製品は日本で作る、日本人の肌にあった自然化粧品、オーガニックコスメを目指して研究開発しています。山梨県北杜市には「有機JAS認証」を取得したオーガニック原料のハーブを育てる自社農場も保有しています。またオーガニックコスメとして歴史のある海外ブランド「WELEDA(ヴェレダ)」「DR.BRONNER’S(ドクターブロナー)」の正規輸入代理店として日本のお客様へ広くブランドをお届けする活動を実施しています。
わたし達は「自然との融和による美と健康の創造」をモットーに、豊かな自然の恵みと、関係するすべての方への感謝を忘れず、サステナブルな調達、及び生産を行い、自然化粧品の本来の価値を追求し続けます。
*TPCマーケティングリサーチ株式会社調べ ※日本化粧品工業連合会所属企業対象

コンテンツを探す

商品を探す

商品合計¥5,500以上で送料無料

平日午後14時までのご注文で当日出荷

RECOMMEND

お問い合わせはこちら