【輪郭別】理想の顔の形に近づく!ハイライトの入れ方

ナチュラグラッセのハイライト商品
ナチュラグラッセのハイライト商品
顔にツヤ感と立体感をもたらすハイライト。入れ方を工夫することで、理想の顔の形を演出することができます。今回は、そんなハイライトの入れ方を輪郭別にご紹介いたします。

TOPICS

ハイライトとは? <役割と効果>

ツヤの出ている肌
ハイライトとは、明るいカラーを部分的にのせることで、肌にツヤ感や立体感をもたらすアイテムです。

明るい色は暗い色と比較すると、前に飛び出て見える性質があるため、ハイライトカラーをおでこや鼻、顎先などにのせることで、高く見せたいところをより高く・顔を立体的に見せる効果があります。ハイライトの入れ方を工夫することで、顔を小さく見せたり、理想的な顔の形を演出することができます。
パール感のあるハイライトを選ぶと、うるおった印象やツヤのある肌に仕上げることもできます。

基本的には、ファンデーションやパウダーをのせた後に、ベースメイクの最後の仕上げとして使用しましょう。

ハイライトの選び方

ナチュラルに仕上げたい方は
「パウダータイプ」

パウダータイプは、サラッとした質感で、ナチュラルに仕上がるのが特徴です。ブラシを使ってふんわりと入れたり、しっかりのせたい所は指にとってのせていきます。初心者の方でもトライしやすいのがこのパウダータイプです。
こんな方におすすめ!

よりツヤ感を出したい方は
「クリームタイプ」

クリームタイプは、肌にピタッと密着するので、うるおいやツヤのある肌に仕上がるのが特徴です。指にとり、ポンポンと少しずつのせていきます。発色が良いものが多く、付けすぎるとハイライトだけ浮いた印象になってしまうため注意をしましょう。
こんな方におすすめ!
\ コンパクトに持ち歩きたい方に /
\ スティックタイプでそのまま塗れる /

【輪郭別】ハイライトの入れ方

顔をシュッと見せたい!
丸顔さん

丸顔のハイライトの入れ方
1
2
3
1. Tゾーンは、眉間から鼻先まで長めに入れる
縦のラインを強調することによって、シュッと鼻筋が通って見えます。
2. 黒目~目尻の下の頬の部分に、斜めに入れる
横に入れると横幅が強調されてしまうため、斜めに入れて、顔をスッキリ見せます。
3. 顎先に逆三角形に入れる
逆三角の形にすることで、顎先がすっきり尖って見えます。
BEFORE
BEFORE
AFTER
AFTER

縦幅を短く見せたい!
面長さん

面長のハイライトの入れ方
1
2
1. Tゾーンは、縦は鼻の付け根の部分に短めに入れ、横は目頭あたりまで広く入れる
鼻先まで入れてしまうと縦幅が強調され、より面長に見えてしまうので注意しましょう。 鼻を高く見せたい場合は、鼻先だけ部分的にのせると◎
2. 頬の高い部分に、横に入れる
横に入れて横幅を強調することによって、縦長のラインを緩和します。
BEFORE
BEFORE
AFTER
AFTER

顔をふっくら見せたい!
逆三角形さん

逆三角顔のハイライトの入れ方
1
2
3
1. Tゾーンは鼻の付け根のあたりに短めに入れる
鼻の付け根に入れることで立体感がアップします。
2. 頬骨の下のくぼみ部分に斜めに入れる
逆三角形のシュッとしたフェイスラインに入れると、顔をふっくら見せることができます。
3. 顎先は、横に長めに入れる
横幅を強調することで、シュッとしたあごのラインにふくらみを持たせることができます。
BEFORE
BEFORE
AFTER
AFTER

正しいハイライトの入れ方で、理想の顔の形を叶えよう!

メイクの仕上げにプラスするだけで、一気に顔を華やかに見せてくれるハイライト。
ハイライトは、ツヤ感や立体感をプラスすることはもちろん、入れ方を工夫することで、理想の顔の形に見せることができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
皆さんが、毎日のメイクで理想の自分に出会えますように。

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

商品合計¥5,500以上で送料無料

平日午後14時までのご注文で当日出荷

RECOMMEND

お問い合わせはこちら

TOPへ

コンテンツを探す

商品を探す