【フェイスパウダーの役割とは?】種類別の特徴と塗り方のコツ

【フェイスパウダーの役割とは?】種類別の特徴と塗り方のコツ

メイクの仕上げに使うフェイスパウダーは、種類によって塗り方や仕上がりが異なります。改めてフェイスパウダーの役割をしっかり理解した上で種類別の塗り方をマスターして、いつものメイクをもっと綺麗に仕上げましょう!

TOPICS

フェイスパウダーの役割とは?

フェイスパウダーは、肌の表面をサラサラに仕上げ、汗や余分な皮脂を吸収し、メイクしたての綺麗な仕上がりを長持ちさせる効果があります。
「フェイスパウダー=肌をマットに仕上げる」というイメージがありますが、種類によって質感が異なり、アイテムや塗り方によってツヤ感やふんわり感など、それぞれお好みの仕上がりを演出することができます。
また、フェイスパウダーを使用することで、アイシャドウやアイブロウ、チークなどのポイントメイクの化粧ノリが良くなり、崩れも予防することができます。

フェイスパウダーを塗る順番

フェイスパウダーはベースメイクの一番最後に使用するパウダーで、「フィニッシュパウダー」「フィニッシングパウダー」とも言われています。化粧下地やリキッドファンデーションなどのリキッド系のベースメイクを塗った後にフェイスパウダーを重ねると、肌の表面をサラッとした質感に仕上げ、ベースメイクをより肌にフィットさせることができます。

〈しっかりカバーしたいとき〉

フェイスパウダーを塗る順番(ファンデーションあり)
化粧下地の次にリキッドファンデーションやクリームファンデーションをのせます。気になる部分はコンシーラーで補正し、最後にフェイスパウダーで仕上げます。

〈ナチュラルに仕上げたいとき〉

フェイスパウダーを塗る順番(ファンデーションなし)
化粧下地で肌のトーンを整えた後、気になる部分はコンシーラーで補正して最後にフェイスパウダーで仕上げます。

パウダーファンデーションとの違い

フェイスパウダーとよく比較されるものが、パウダーファンデーション。パウダーファンデーションには色が付いており、気になる肌トラブルや毛穴をカバーしたり、肌の色ムラを整えたりする役割役割があり、きちんとした印象に仕上げる事ができます。 フェイスパウダーは、仕上げのパウダーとしての役割を最大限に果たせるよう、パウダー自体にカバー力や発色力を持たせていないものが多く、色付きタイプの場合はほんのりとした発色になるので、パウダーファンデーションと比べてナチュラルな仕上がりになります。

フェイスパウダーの種類別特徴&塗り方

フェイスパウダーは、大きく分けると粉末状の「ルースパウダー」と、固形の「プレストパウダー」に分かれます。

ルースパウダーの特徴&塗り方

ルースパウダー
フェイスパウダーはベースメイクの一番最後に使用するパウダーで、「フィニッシュパウダー」とも言われています。化粧下地やリキッドファンデーションなどのリキッド系のベースメイクを塗った後にフェイスパウダーを重ねると、肌の表面をサラッとした質感に仕上げ、ベースメイクをより肌にフィットさせることができます。

ルースパウダーの特徴

ルースパウダーは粉末状のパウダーです。 ナチュラルでふんわりとした柔らかい肌印象に仕上げることができます。パール配合タイプのルースパウダーを使用すると、ツヤ肌に仕上げることができます。小鼻周りのテカリが気になる方は、テカリやすい箇所にルースパウダーをパフで押さえるようにつけることで、テカリにくいベースメイクをキープできます。

ルースパウダーの塗り方

ルースパウダーをパフに含ませる
Step.1
本体付属のパフにパウダーを含ませます。パフの毛にパウダーをしっかりと揉みこむことで均一にムラなく肌へ塗布できます。
ルースパウダーを広い部分から塗る
Step.2
両頬、額など広い部分から塗ります。 塗るときはパフを肌に優しく密着させるように置いていきましょう。パフを肌の面に沿わせるように馴染ませるのがポイントです。
ルースパウダーを細かい部分へ
Step.3
小鼻や涙袋などの細かい部分は、パフを折り畳んで丁寧に押さえます。

~ワンポイントアドバイス~

より自然な仕上がりがお好みの場合は、ブラシで塗るのがおすすめです。 ブラシにパウダーを含ませたら、手の甲やティッシュで余分なパウダーを落とします。顔の中心から外へ向かって、下から上に円を描くようにのせましょう。小鼻周りはブラシの先端を使って塗り漏れのないようにパウダーを塗ります。皮脂の出やすいTゾーンは重ね付けをすることで、テカリにくい仕上がりをキープできます。

今回使用したアイテム

SPF40 PA+++
ブルーライトカット98.7%*
*第三者機関実施試験結果より

プレストパウダーの特徴&塗り方

プレストパウダー

プレストパウダーの特徴

プレストパウダーは粉末状のパウダーをプレスして固めた固形タイプです。粉末状のパウダーより高密度で付けることができるためカバー力があり、マットな陶器肌に仕上がります。 パウダーファンデーションよりライトな仕上がりがお好みの方には、プレストパウダーがおすすめです。持ち運びにも便利なので、メイク直しアイテムとしても活躍します。

プレストパウダーの塗り方

プレストパウダーをパフに取る
Step.1
本体付属のパフにパウダーを取ります。パフの上半分にパウダーを取るのが適量です。
プレストパウダーを置くように塗る
Step.2

肌の上へパウダーを置いていくように塗ります。強く横滑りするように塗ると下地やファンデーションが崩れてしまうので、肌をやさしく押さえるようにパフを動かしていきましょう。

プレストパウダーを細かい部分へ
Step.3
小鼻や涙袋などの細かい部分は、パフを折り畳んで丁寧に押さえます。

~ワンポイントアドバイス~

メイク直しの時は、まず始めにテカリや崩れが気になる部分にティッシュをやさしく肌に押し当て、余分な皮脂や浮いてしまったベースメイクをティッシュオフしましょう。 その後、崩れが気になる部分を押さえるようにパウダーを重ねます。

今回使用したアイテム

SPF30 PA+++
ブルーライトカット98.2%*
*第三者機関実施試験結果より

春から夏にかけてはUVカット効果の高いパウダーを!

紫外線が強くなる春から夏にかけては、UVカット効果の高いフェイスパウダーを選びましょう。日焼け止めは2~3時間ごとに塗り直すのが基本なので、パウダータイプの日焼け止めなら外出先での塗り直しにも便利です。

おすすめのUVパウダー

SPF50+ PA++++
ブルーライトカット 99.1%*1
近赤外線カット 93.6%*1

UVパウダーコンパクトは紫外線、ブルーライト*1、近赤外線*1の3つの光から肌を守るプレストタイプのフェイスパウダーです。2024年は色味をふんわり明るく調整し、ソフトフォーカス効果*3・メイクキープ効果*4をアップ。夏に心地よくお使いいただける処方に変わりました。

*1第三者機関実施試験結果より
*2メイクアップ効果による
*3酸化チタン被覆合成マイカ、板状アルミナ、酸化チタン被覆タルクの追加 (UVパウダー コンパクトNと比較して)
*4セルロースガム増量 (UVパウダー コンパクトNと比較して)

UVパウダーの塗り方

Step.1
本体付属のパフにパウダーを取ります。パフの上半分にパウダーを取るのが適量です。 パフに取ったパウダーを手の甲で馴染ませます。
UVパウダーコンパクトのパウダーを置くように塗る
Step.2
Tゾーン→頬→全体の順でパウダーを置いていくように塗ります。 パウダーは崩れやすい部分やテカリやすい部分から乗せていくのがポイントです。
Step.3
小鼻や涙袋などの細かい部分は、パフを折り畳んで丁寧に押さえます。

メイクの仕上げに綺麗をプラス!

今回は「ルースパウダー」「プレストパウダー」「UVパウダー」の3種類のフェイスパウダーをご紹介しました。それぞれ特徴や仕上がりが異なるので、使うシーンやなりたい肌の印象に合わせて選んでみてくださいね。 フェイスパウダーを使うのと使わないのとでは、メイクの仕上がりのクオリティやキープ力が大きく変わります。 メイクの仕上げにフェイスパウダーを使用して、綺麗をプラスしましょう!

合わせて読みたい

ベースメイクを切り替えたい方はこちらもおすすめ!

メイクのお悩みを無料で相談! ▼

SHARE:

コンテンツを探す

商品を探す

商品合計¥5,500以上で送料無料

平日午後14時までのご注文で当日出荷

RECOMMEND

お問い合わせはこちら

TOPへ