【オーガニックコスメ】「オーガニックコスメ」って何が良いの?

TOPICS

近年よく耳にするようになった「オーガニックコスメ」。一昔前まではあまり日本に浸透していませんでしたが、今では「美・健康・環境」に関心を持つ方を中心に人気を集め、たくさんのオーガニックコスメが巷で売られています。オーガニックコスメは、「何となく肌に優しそう」「敏感肌の人が使うコスメ」というイメージを持っている方が多くいらっしゃいますが、実際のところはオーガニックの何が良いのか、その本質まではまだまだ浸透しきっていないのが現状です。今回は、そもそもオーガニックコスメとは何か、その基準や魅力を紐解いていきます。

part.1 オーガニックコスメとは

そもそも「オーガニック」って何?

「オーガニック」は主に日本語で「有機」という意味。農薬や化学肥料に頼らず、遺伝子組み換えなども行わずに本来持つ土壌の力や自然の恵みを活かした農法、栽培方法、加工方法などのことを指します。日本の食品に関しては有機JASという認証機関がありますが、この認証マークを取得していないと「有機」や「オーガニック」といった名称を謳うことや、紛らわしい表現を用いて商品を紹介したり記載することは法律で禁止されています。

オーガニックコスメの基準

オーガニック原料を使用しているメイクやスキンケアなどの化粧品のみがオーガニックコスメと謳うことができます。しかし、その基準に統一性はなく曖昧なため、残念ながら現状日本では商品に1%でもオーガニック原料が配合されていればオーガニックコスメと謳えてしまいます。オーガニックという記載があっても、実際は石油由来の化学合成物質が大半を占めている「なんちゃってオーガニックコスメ」の可能性もあるのです。何がオーガニック原料なのか、また「天然由来100%」などの表示があるかをチェックすることも大切です。

ナチュラルコスメとの違い

「ナチュラルコスメ」は、天然由来の原料を使用し、化学合成物質を全く使用していないか、極力控えて作られたコスメのことを指します。このナチュラルコスメの天然由来原料に、オーガニック原料が含まれているとオーガニックコスメとなります。「ナチュラル」や「自然派」という表現も曖昧なのが現状で、「ナチュラルコスメ=天然由来100%」ではないので見極めが必要です。成分表や、ブランドのポリシーを必ず確認しましょう。

part.2 オーガニックコスメの魅力

「オーガニックコスメとケミカルコスメ」魅力の違い

◆オーガニックコスメ

植物が持つ力による複合的な効果効能を持ち、人の本来あるべき機能を損なわず、自己回復力やバリア機能を高めるような長期的なアプローチをしていく東洋医学的な考え方のもと作られている。

◆ケミカルコスメ
得たい効果効能を目指して化学合成物質を配合したもので、短期的に見た目やトラブルにアプローチする西洋医学的な考え方のもと作られている。

このように、どちらも目的と手段が異なります。効果効能や機能面、即効性を重要視する場合はケミカルコスメの方が優秀なものが多いですが、化学合成物質に刺激を感じる方や、肌本来のバリア機能や治癒力を育てていきたい場合は、オーガニックコスメがおすすめです。ただし、植物その物のパワーが肌へダイレクトにアプローチするため、中には刺激を感じたり、アレルギーを引き起こす場合もあります。心配な場合は二の腕の内側など正常な皮膚の目立たない箇所でパッチテストを行いましょう。

どちらが善悪で、どちらが肌に優しいかではなく、自分の肌や目的に合わせて選択することが大切です。

植物の力

植物はそれぞれ生き抜くためのパワーが備わっています。野菜に例えるとそのパワーは野菜の栄養素です。オーガニック栽培された野菜は農薬に頼らない分、自らを害虫から守るために防御物質を多く出します。この防御物質が人間にとっての栄養素となるため、一般野菜よりもオーガニック野菜のほうが栄養価が高くなると言われています。オーガニックコスメも同様に栄養素をたっぷり蓄えたオーガニック植物を原材料として配合することでその効果効能をさらに発揮してくれると言えます。オーガニックコスメには、そんな植物のパワーが詰まっているのです。

オーガニック植物よりもパワフル!?「ワイルドクラフト」

ワイルドクラフトとは農薬はもちろん有機肥料さえも一切与えず、人の手を加えることなく育った自生の植物のこと。自然環境下で自力で育ったワイルドクラフトは、植物本来のパワーが最大限に引き出され、栄養価やエネルギーがオーガニック栽培植物よりも高く、より地球にも優しいと言われています。育った環境が過酷であればあるほど、その分自らを守るためにエネルギーを蓄え、さらにパワフルな植物に育ちます。

part.3 「真のオーガニックコスメ」の見極め方

ナチュラグラッセ ベースメイクシリーズ

不使用成分の確認だけでは不十分

「何を使っていないか」を確認することも大切ですが、真のオーガニックコスメを見極めるためにはそれだけでは不十分。「オーガニックコスメの基準」でも記載した通り、1%でもオーガニック原料が配合されていればオーガニックコスメと謳えてしまうので、不使用成分が記載されていても、その成分以外に石油由来の化学合成物質が配合されている場合があります。それは「無添加コスメ」と表記のある化粧品も同じです。もちろん低刺激なコスメとも言えますが、「無添加=自然派」とは限らないので注意しましょう。

天然の紫外線防御成分

オーガニック認証マークは第三者機関が設けた厳しい基準をクリアした証明バッジのようなもの。もちろん認証マークがついているコスメは一目で「オーガニックコスメ」と認識できますが、その認証機関の基準は様々で、ある特定の安全性が認められた石油由来成分を配合できる機関もあります。一方で、認証マークを取得していなくてもこだわりのオーガニック原料を積極的に使用し、天然由来100%の原料で作られたオーガニックコスメもたくさんあります。ブランドの理念や背景をしっかり知ることも「真のオーガニックコスメ」を見極めるひとつの方法です。自分にとって、「何が真のオーガニックコスメなのか」自分なりの基準を設け、自分の目や耳でしっかり見極めることが素敵なオーガニックコスメに出会えるきっかけに繋がります。

part.4 オーガニックコスメで人も地球も笑顔に!

「オーガニックを選ぶ」ということは、人々が笑顔になれるひとつの選択肢です。その小さなひとつの選択が、人や地球を健やかに導き、やがて大きな未来に繋がっていきます。また、オーガニックコスメは素肌をいたわるだけでなく、その使用感の心地良さやナチュラルな香りなどで自分自身を笑顔にする小さなエッセンスでもあります。 自分なりの「真のオーガニックコスメ」を見つけられると、不思議と愛着が湧いてくるはずです。是非、オーガニックコスメを日々の生活に取り入れてみてくださいね。オーガニックコスメで、少しでも皆さんの笑顔が増えることを願っています。

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

コンテンツを探す

商品を探す

TOPへ