「石鹸オフメイク」は何が良いの?

ここ数年で 「クレンジング不要」 や 「石鹸で落ちる」 「石鹸オフOK」 と謳うメイクアップアイテムがとても増えてきました。
なぜこんなにもメイクの 「石鹸オフ」 が注目されるようになったのでしょう?

part.1 「石鹸オフOKメイク」 のメリット

石鹸でメイクを落とすことは、 「肌に優しい」 ということなのでしょうか?
答えは、 「いいえ」 です。
石鹸で洗うこと自体が肌に優しいというわけではなく、石鹸だけで落とすことができるメイクアイテム、つまり 「石鹸オフOKなメイク」 かどうかがポイントです。
そのメリットは、クレンジング不要、W洗顔不要ということ。
肌がデリケートな方にとって、クレンジングやW洗顔はメイク汚れだけでなく肌の必要な油分まで洗い流してしまいがちなので極力避けたいもの。メイクを落とす際、負担をかけやすいクレンジング・W洗顔を必要としないメイクを使用することが、結果的に肌への負担を減らし 「肌に優しい」 に繋がります。
クレンジングが必要なものには、石鹸では落ちにくいシリコーン合成ポリマー紫外線吸収剤などケミカル素材が使用されていることが多く、肌がデリケートな方にとってはそのようなケミカル素材の使用を減らすことも負担軽減に繋がるので、 「石鹸オフOKメイク」 はおすすめです。

part.2 肌に必要な油分って何?

肌を清潔に保つために洗顔は必要ですが、その際皮脂膜(※)も洗い流してしまい、肌はとても無防備な状態になり水分が蒸発しやすく乾燥してしまいます。洗顔後のスキンケアが必要な理由は、この無防備になってしまった肌表面に化粧水(水分)と乳液やクリーム(油分)で人工的に皮脂膜に似たバリア機能を回復させるためなのです。
メイクを落とす時に使用するものが強力な洗浄力・油分分解力であるほど、この大事な皮脂は洗い流されやすくなります。複数回洗う必要がある場合も同じリスクがあります。
皮脂がいちじるしく不足すると、時間が経った時に肌はとてもテカりやすくなってしまいます。なぜなら 「肌を守るための水分や皮脂が足りない!緊急事態!」 と肌が自分を守ろうと必死に皮脂を分泌するようになってしまうからです。インナードライと言われる肌質の方がテカりやすくなるメカニズムもこれに似ています。
なるべく汚れだけを取り除き、必要な油分(皮脂)まで洗い流してしまわないようにすることが肌を健やかに保つ秘訣です。
※肌が持つバリア機能 「皮脂膜」
肌にはもともと自分を守ろうとするバリア機能が備わっています。 肌の水分と油分(皮脂)からなる 「皮脂膜」 と呼ばれるもので、これは天然の保湿クリームとも呼ばれ、外部刺激から保護し、肌内部から水分が蒸発するのを防ぐ蓋の役目をしています。テカリの原因としての知名度が高いので 「皮脂は取らなきゃ!」 と思われがちですが、適度な皮脂は肌にとってとても大事な存在です。

part.3 石鹸で落ちないものは、すべて肌に負担になるの?

肌に優しい植物由来であっても、石鹸で落ちないものがあることをご存知ですか? それは、固形のオイルである植物由来のロウや、肌への密着力の高いペースト状のオイルなど油脂が配合されている場合です。肌を保湿したり保護したりといった大事な役割をしてくれているので、肌にとっては優しいですが、石鹸では落ちないのです。 こういった場合にはクレンジングが必要になってきますので、洗った後には丁寧にスキンケアを行い、水分と油分を充分に補いましょう。

part.4 正しく洗おう!石鹸洗顔

How to Wash

Step1

水・ぬるま湯で充分に肌を濡らす。

Step2

手のひらで空気をたっぷり含めるように石鹸を泡立てる。

Step3

肌の上を、優しく泡を滑らせるようなイメージで汚れとなじませる。 強くこすらないことがポイントです。

Step4

水・ぬるま湯で充分に洗い流す。 フェイスラインや生え際に泡が残らないように気をつけましょう
洗いたての肌は無防備でデリケートです。時間を置かずに、あなたの肌に合わせたスキンケアを行いましょう。

part.5 「石鹸オフメイク」 の真骨頂

石鹸で落ちにくい成分が配合されているメイクは、石鹸で洗っても肌にメイク汚れが残ってしまい肌荒れの原因に。石鹸で洗うことが肌に優しいという訳ではなく、 「1度の石鹸洗顔だけで落とせないものが配合されていない」 、 「クレンジングやW洗顔の必要が無い」 というアイテムでメイクをすること。これこそ「石鹸オフメイク」 の真骨頂! 「石鹸オフメイク」 が気になる方は、きちんと 「クレンジング不要」 や 「石鹸で落ちる」 「石鹸オフOK」 など明記されているものを選んでくださいね。
ナチュラグラッセのアイテムはケミカルな紫外線吸収剤やシリコーン、合成ポリマーを使用せず植物由来のスキンケア処方なので、そのほとんどが 「石鹸オフOK」 です。 ※一部商品の特性上、植物由来のロウ、ペースト状のオイルを使用しているため、クレンジングが必要なものがございます。

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

コンテンツを探す

商品を探す

TOPへ