【マスクメイク】落ちにくいチークの塗り方

マスク着用が日常化している今、チークを塗る機会が減ってきていませんか?
「どうせ隠れて見えないから…」「マスクへの色移りが気になるから…」と、最初から塗るのを諦めてしまっている方が多いのが現状です。顔の印象を明るく元気にみせるためには、血色感を引き出すチークはとても重要。今回は、マスク着用時でも明るい顔印象をキープできるチークの塗り方をご紹介していきます。

part.1 マスクをしても隠れない!チークの塗る範囲

図のように勾玉(まがたま)のような形をイメージして、マスクに丁度重ならない位置まで塗るのがポイントです。頬の中心から、斜め上の頬骨の高い位置に向かって塗っていきましょう。こうすることでマスクからチークの色味がほんのり見えるので、血色感のある明るい表情を演出できます。

part.2 「タイプ別」落ちにくいチークの塗り方

マスクをしても落ちにくくするための最大のポイントは、塗る量と重ね方です。
じゅわっと内側から湧き出る血色感を演出する、自然なツヤ感が特徴のクリームタイプのチークと、初心者の方でも使いやすい、ふんわりとした仕上がりが特徴のパウダータイプのチークで、それぞれ落ちにくい塗り方を見ていきましょう!

クリームチーク派

使用するアイテムはこちら!
~ 塗り方 ~

1.中指にとって、頬の一番高い位置にポンとのせる

中指にしっかりと色をなじませたら、一度手の甲で量を調節し、頬の一番高い位置にポンと一点置きします。

2.薬指で斜め上に向かってぼかしていく

色をつけていない薬指で、勾玉の形を意識しながら優しく斜め上に向かってぼかしていきます。色味の濃さは、1と2を繰り返しながら調整しましょう。

3.フェイスパウダーで優しくおさえる

仕上げにフェイスパウダーを重ねることで、マスクへの色移りやメイク崩れを防ぎます。パフは滑らせず、優しく置くようにのせましょう。

4.完成!

じゅわっとした血色感のある明るい印象に!

5.マスク着用

色を一気にのせすぎず、1と2を繰り返しながら少しずつぼかしていくことでナチュラルなチークに仕上がります。クリームチークは発色が良い分少し塗るのが難しそうなイメージがありますが、コツを掴めばむしろ簡単!クリームチークに抵抗があった方も、是非この方法で挑戦してみてくださいね。

【1point アドバイス】

クリームチークはリップやアイメイクにも使えるので、忙しい朝の時短メイクにもおすすめです。指先一つで簡単におしゃれなワントーンメイクが楽しめますよ!

~ その他カラー ~

パウダーチーク派

使用するアイテムはこちら!
~ 塗り方 ~

1.2色をブラシで混ぜて、頬の高い位置から斜めにのせていく

ブラシをトントンと置くように色をのせていくのがポイント。このときも勾玉の形を意識して、頬の高い位置から斜め上に向かってのせていきましょう。(お好みで濃い方の色だけをとって使うのもおすすめです。)

2.薄い方の色をブラシにとって、1のまわりをぼかしながらコーティング

1でのせた色の周りをブラシですべらせるようにぼかすと自然なグラデーションに。最後にやさしく全体をコーティングするイメージで、1と同様にトントンと重ねておきましょう。

3.完成!

立体感のある、ふんわりとした明るい印象に!

4.マスク着用

パウダーチークがお好みの方は、ぼかしカラーがついた配色タイプでグラデーション塗りをするのがおすすめ!ふんわりとした柔らかい印象のチークが完成します。薄い方の色で全体をコーティングすることで、カラーの持ちがアップします。

【1point アドバイス】

眉毛にもパウダーチークを重ねると、メイクに統一感がでて垢抜けた印象に。お手持ちのアイブロウで描いた後にふんわり重ねるだけで、ワンランク上のこなれ感のあるマスクメイクになりますよ!

眉の基本の描き方はこちら▼

~ その他カラー ~

part.3 これであなたもマスク美人!

顔の印象を良くみせるには、血色感はとても重要です。図のように左右を比べてみると、チークを塗っている方がマスクをしているときでも明るい印象にみえます。頬に色味がのることで肌色の面積が少なくなるので、小顔効果も期待できます。 毎日のマスク生活も、顔の印象が明るくなれば鏡を見る度に気持ちまで明るく元気になってくるはず。塗り方を少し工夫するだけで血色感のある頬を一日中キープできるので、是非マスクメイクでもチークを欠かさず塗って、好印象な明るいマスク美人になりましょう!

合わせて読みたい!▼

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

コンテンツを探す

商品を探す

TOPへ