ナチュラルオーガニックコスメ専門サイト | ネイチャーズウェイ オンライン

【食べるものにこだわる】オーガニック食品を選ぶメリットとは?

「自分の体内に取り入れるものだからこそ、食べ物にはきちんとこだわりたい。」今回は、オーガニック食品を選ぶことのメリットやデメリットについてご紹介していきます。

TOPICS

オーガニック食品を選ぶこととは?

「人の体は食べたもので作られている」と言われているほど、食べることは健やかであるために欠かせないこと。スーパーで食材を買ったり、レストランで食事したりと、毎日なんとなく食べものを体に取り入れていますが、その食材がどうやって作られたのかを考える方は少ないと思います。

一般的なスーパーで販売されている野菜や果物などの農作物は、効率よく生産するために農薬が使われていることがほとんどです。十分な食料を確保するためにも農薬を使うことは完全に悪いこととは言い切れませんが、食べ物と一緒にわたしたちの体内に入り込んでいる可能性も否定できません。さらに、農薬が土地にまかれることによる環境への影響もゼロとは言い切れないでしょう。

オーガニック食品を選ぶということは、「自分の身体について、環境について考えること」とも言えます。オーガニックを選択することが、いつも何気なく手に取っている食べ物が何から出来ているのか、どこでどのように作られているのか、考えてみるきっかけになるはずです。

そもそもオーガニックって何?

オーガニックとは英語でいう「organic」で、日本語では「有機」のこと。
基本的には、オーガニックは化学的に合成された肥料や農薬に頼らず、太陽や水、土地、生物などの「自然の力」を活かして作られたものを指しています。

最近では、食品だけでなく、「オーガニックコスメ」や「オーガニックコットンを使用した衣服」など様々なオーガニック商品が存在しています。

オーガニック食品を選ぶ基準

オーガニック食品と表示できる基準は国によって異なりますが、日本のオーガニック食品は、有機JASマークを付けることが義務づけられています。

有機JASマークとは?

有機食品のJASに適合した生産が行われていることを登録認証機関が検査し、その結果、認証された事業者のみが貼ることができます。
この「有機JASマーク」がない農産物、畜産物及び加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。(農林水産省HPより)

つまり、オーガニック食品を選びたい場合は、有機JASマークがあるかを確認して判断しましょう。

オーガニック食品のメリット

体に心地よいものを取り入れる

害虫を退治したり、雑草を取り除くための薬品である農薬は、効率よく作物を育てるために必要とされていますが、農薬が作物に残り、食べるときに体内に入り込んでしまうと、体にとって良くない影響を及ぼす可能性もあると言われています。

環境にやさしい

強い農薬や化学肥料を使うと、畑の害虫を殺すだけではなく、その土地全体に染み渡ることになります。そこに雨が降ると、土地に染み込んだ農薬や化学肥料が川や海に流れ出て、海の生態系にも影響を及ぼす可能性があります。

農薬や化学肥料を使わないことは、作物を育てる土地を汚さないのはもちろんのこと、そこに繋がる様々な生態系を守ることに繋がるのです。

栄養価が高い

強い農薬などを使用しない有機農業は、一般的な畑よりも土の中にいる微生物が活発になるため、栄養豊富で豊かな土が完成します。その豊かな土で育つ作物は栄養をいっぱい吸収するため、栄養価が高く、美味しい野菜や果物に育つと言われています。

また、有機農業のほとんどは、その土地や環境に合わせて無理なく野菜を育てます。そのため、旬の新鮮な食材がスーパーに並ぶので、美味しい野菜や果物が手に入りやすいのです。

オーガニック食品のデメリット

価格が高い

オーガニック食品は、普通の食品に比べると1.5〜2倍ほど価格が高く設定されています。有機農業では、農薬や化学肥料を使わずに作物を育てるため、農薬や化学肥料を使う場合と比べると、手間や人手がかかってしまうからです。
また、有機JASマークを取得しなければならない点も価格が高くなる要因のひとつです。申請に費用がかかるのと、定期的に調査を受けなければならないため、コストがかかってしまいます。

生産量が限られている

化学合成農薬を使えない有機農業では、虫が嫌いな植物を近くに植えることで、虫が寄るのを防ぎます。作物に虫がついてしまった場合は、勢いよく水をかけたり、手でひとつひとつ取るといった作業で虫を追い払っていきます。

こうした作業を繰り返し、手間をかけて育てても、農薬や化学肥料を使用した場合に比べると、収穫量は7〜8割程度と言われています。そのため、安定した量をスーパーに陳列することが難しくなってしまいます。

保存期間が短い

オーガニック食品は、有機栽培ということの他にも、保存料や酸化防止剤などの添加物を一切使用していません。そのため、長期保存することが難しくなります。
オーガニック食品を購入する場合は、必要な量を必要な分だけ買うようにしましょう。

まずは手軽にオーガニックを取り入れてみる!

オーガニック食品を生活に取り入れてみたいと思いつつも、すぐに全部をオーガニックに切り替えることは難しいと思います。
簡単にできることとしては、いつも買う野菜や果物をオーガニックにしてみること。オーガニックの野菜や果物は、自然そのものの味を存分に味わうことができるでしょう。

そして、慣れてきたら調味料をオーガニックに切り替えてみるのがおすすめです。オーガニックの調味料は、添加物などが入っていないため原材料がとってもシンプル。いつもの料理が素材そのものをより味わえるようになり、満足度も上がること間違いありません。

ドクターブロナーから発売中のオーガニック調味料

¥2,700(税込)

『MCT(中鎖脂肪酸)*を毎⽇⼿軽に摂取!香り高い有機バージンココナッツオイル』

農薬や化学肥料を⼀切使⽤せずに育てたオーガニックココナッツのホールカーネル(中⾝を包んでいる薄⽪を残した状態)から低温エクスペラー製法で抽出したバージンココナッツオイル(VCO)。ココナッツ本来のほんのり⾹ばしい味わいで、コーヒーや炒め物など⼿軽にお使いいただけます。

忙しい日々を送るなかで、栄養を補助できるようなサプリメントを摂取している方も多いと思いますが、サプリメントには添加物が使用されていることがほとんどです。サプリメントをオーガニックの健康補助飲料に切り替えてみるのもおすすめです。

オーガニックのパイオニア!ヴェレダの健康補助飲料はこちら

¥4,104(税込)

『身体の中から美しくヘルシーにする健康補助飲料』

美容と健康を保つ、身体をリフレッシュする健康補助飲料。有機白樺葉エキスに、オーガニックレモンを配合。砂糖不使用タイプなので、カロリーが気になる方の飲用にもお勧めです。
ハーブ調の爽やかな風味で身体をすっきり整えます。有機JAS認定商品。

¥3,672(税込)

太陽の恵みをいっぱいに吸収し、ビタミンCを多く配合していると言われているヒッポファン(シーバックソーン)果実の果肉・果汁に、蔗糖と八チミツを加えてつくった濃縮タイプの健康補助飲料です。ほんのり甘く満足感があるので、おやつ代わりとしてもおすすめです。有機JAS認定商品。

合わせて読みたい

オーガニック食品を選ぶということ

色々なモノで溢れている社会だからこそ、それがどこでどのように作られているのか見えなくなっていることも多くあります。自分の体を大切にしたいからこそ、自分が体に何を取り入れているのか、一度考えてみるのも良いかもしれません。オーガニック食品を選ぶことには様々なメリットがありますが、「オーガニック食品を選ぶこと」は「自分を大切にすること」のひとつとも言えるでしょう。

合わせて読みたい

ネイチャーズウェイ
コンテンツ担当

あやた

学生時代にオーガニック化粧品に出会い、その良さに感動。同じような感動を広く伝えたいという思いから上京し、ネイチャーズウェイに入社。理想の自分・理想の生活スタイルを実現すべく、東京で奮闘中。趣味はバレエとカフェ巡り。

SHARE:

Nature’s Way(ネイチャーズウェイ)について

日本のオーガニックコスメのパイオニア*であるNature’s Way(ネイチャーズウェイ)が運営する公式通販サイト。
ネイチャーズウェイの製品は日本で作る、日本人の肌にあった自然化粧品、オーガニックコスメを目指して研究開発しています。山梨県北杜市には「有機JAS認証」を取得したオーガニック原料のハーブを育てる自社農場も保有しています。またオーガニックコスメとして歴史のある海外ブランド「WELEDA(ヴェレダ)」「DR.BRONNER’S(ドクターブロナー)」の正規輸入代理店として日本のお客様へ広くブランドをお届けする活動を実施しています。
わたし達は「自然との融和による美と健康の創造」をモットーに、豊かな自然の恵みと、関係するすべての方への感謝を忘れず、サステナブルな調達、及び生産を行い、自然化粧品の本来の価値を追求し続けます。
*TPCマーケティングリサーチ株式会社調べ ※日本化粧品工業連合会所属企業対象

コンテンツを探す

商品を探す

商品合計¥5,500以上で送料無料

平日午後14時までのご注文で当日出荷

RECOMMEND

お問い合わせはこちら

TOPへ