ナチュラルオーガニックコスメ専門サイト | ネイチャーズウェイ オンライン

ルースパウダーとプレストパウダーの違いは?選び方や使い方を紹介

ルースパウダーとプレストパウダーの違い

フェイスパウダーには「ルースパウダー」「プレストパウダー」の2種類があります。この2つにはそれぞれどのような特徴があり、どちらを選べばいいのでしょうか。ベースメイクでよりキレイな肌を作るために、ルースパウダーとプレストパウダーの違いや選び方についてチェックしてみましょう。

ルースパウダーの特徴

ルースパウダーは、固まっていないサラサラとした粉状のフェイスパウダーのことをいいます。BBクリームやリキッドファンデーションを塗ったあとに使用すると肌に密着し、ふわっとした仕上がりになります。

また、毛穴をぼかして目立たなくする効果にも優れているので、陶器肌をゲットしたい方におすすめです。ルースパウダーは肌になじみやすいため、ムラになりにくく誰でも使いやすいのがメリットといえます。

プレストパウダーの特徴

プレストパウダーは、パウダーをプレスした固形状のフェイスパウダーのこと。
肌への密着度が高いためにカバー力に優れているものが多く、パフを使えばポイント使いも簡単です。

サラサラとした仕上がりで皮脂浮きを防いでくれますが、均一に塗り広げるにはコツが必要です。テクニックさえマスターすれば美しい肌に整えてくれるので、メイク上級者には必須アイテムといえます。

ルースパウダーとプレストパウダーの違いと選び方

ルースパウダー
仕上がり

 ルースパウダーを使用すると、肌がふわっと柔らかい印象になります。プレストパウダーの場合は、肌がフラットな質感になり、落ち着いた印象になります。

そのため、柔らかい顔立ちにしたいときはルースパウダーを、キリッとした顔立ちにしたいときはプレストパウダーを選びましょう。デートにはルースパウダー、仕事にはプレストパウダーと使い分けてもいいかもしれませんね。

使い勝手

ルースパウダーは粉状のため、持ち歩きにはやや不便です。対してプレストパウダーは固形なので、持ち運びに優れています。

また、ルースパウダーはブラシやパフに十分になじませて使う必要がありますが、プレストパウダーはパフでサッと塗ることができます。朝のメイクにはルースパウダー、メイク直しにはプレストパウダー、という使い分け方もおすすめです。

パウダーファンデーションとの違いは?

ルースパウダーとプレストパウダーの違いはご紹介しましたが、もう一点、プレストパウダーとパウダーファンデーションが似た形状として存在します。この違いはどこにあるのでしょうか。

カテゴリー

そもそもプレストパウダーは「フェイスパウダー」の中の種類ですが、パウダーファンデーションは「ファンデーション」の中に分類されます。

そのため、リキッドファンデーションの代わりに使用されるのはパウダーファンデーションであり、ルースパウダーの代わりに使用されるのがプレストパウダーです。

カバー力

カテゴリーが違うため、プレストパウダーとパウダーファンデーションはカバー力に差があります。パウダーファンデーションは「ファンデーション」であるためしっかりとカバーしてくれます。一方で、プレストパウダーは、比べてしまうとカバー力に劣ります。

目的が違う

カバー力に差があるのも、そもそもその目的が違うからです。パウダーファンデーションはファンデーションの役割、つまり「肌を均一に整え、アラを隠して綺麗に見せる」役割があります。

一方でプレストパウダーは、ファンデーションを肌にキープさせて持ちを良くしたり、テカリを抑えて崩れにくくしたりする役割があります。

ルースパウダー・プレストパウダーの使い方

ルースパウダーとプレストパウダーの使い方は基本的に同じですが、仕上がり方に違いがあるので、少しずつ調整しながらつけるようにしましょう。なお、カバー力が欲しい場所や皮脂を抑えたい場所は、パウダーをポンポンと叩き込むようにつけると効果的です。

ブラシを使う場合

1. ブラシにルースパウダー・プレストパウダーをつける
2. ティッシュにブラシをくるくると当ててなじませる
3. 顔の中心から外側に向かって、ブラシで円を描くように塗る
4. ブラシに残った粉を取り除いてから、顔全体を軽くはらって余分な粉を落とす

パフを使う場合

1. パフにルースパウダー・プレストパウダーをつけます
ルースパウダーには毛足の長いパウダーパフがおすすめです。パフにつけたら両手で軽く揉み込みましょう。

2. 顔の中心から外側に向かって、パフを滑らせるようにつけます

3. きれいなブラシ、またはパウダーを取り除いたパフで顔全体を軽くはらいます

ルースパウダーの付け方

ルースパウダー

プレストパウダーと比べた時、持ち運びに不便なルースパウダーではありますが、ふんわりとした仕上がりから人気の高いアイテム。朝メイクの仕上げに使うとふんわり肌が長持ちし、マットすぎず粉っぽい仕上がりになることも少ないので、初心者の方にもおすすめです。
そんなルースパウダーの付け方をピックアップしてご紹介します。

ブラシを使う場合

全体的にふんわりとナチュラルな仕上がりにしたい方は、ブラシ使いがおすすめです。マットではなくツヤ肌が好きな方も、パフではなくブラシの使用をおすすめします。

1.清潔なフェイスブラシを用意する
まずは、お粉の付いていない、清潔で肌当たりの良いブラシを用意します。大きめのフェイスブラシが全体的にふんわり乗せることができ、ツヤ感も活かせるのでおすすめです。

2.蓋にルースパウダーを出す
ルースパウダーを逆さにし、底を叩いて蓋に出します。

3.ブラシに適量含ませる
用意したフェイスブラシにパウダーを含ませます。蓋から取ったら、手の甲や綺麗なティッシュの上でくるくるさせ、均一に含ませます。こうすることでムラになってしまうことを防げます。

4.ポンポン、くるくると乗せていく
全体的にポンポンと、優しく置くようにして乗せていきます。毛穴やテカリが気になる部分には、くるくると乗せていきましょう。ポンポン、くるくるを繰り返したら終了です。

パフを使う場合

1.清潔なパウダーパフを用意する
ブラシと同様、清潔なパウダーパフを用意します。粉っぽい仕上がりを防ぐためにも、大きめでふわふわしたパフがおすすめです。

2.蓋にルースパウダーを出す
こちらもブラシ同様、蓋にパウダーを出します。

3.パフに適量含ませる
パフに適量含ませ、揉みこみます。揉みこむことでパフの奥まで均一に含ませることができ、ぼてっと付いてしまわずに済みます。

4.ポンポンと乗せていく
広い部分は面全体を使ってぽんぽんと乗せていきます。細かい部分はパフを折り曲げ、叩き込むように乗せていきましょう。

おわりに

以上、ルースパウダーとプレストパウダーの違いや選び方などをご紹介しました。
2つの大きな違いはメイク後の仕上がりです。迷ったときは、あなた好みの肌質になれるほうを選んでみてはいかがでしょうか。

おすすめの商品

ナチュラグラッセ
ルースパウダー

4,620円

ナチュラグラッセ
プレストパウダー

4,180円

ナチュラグラッセ
ヌウ プレストパウダー

7,920円

ナチュラグラッセ
タッチオンカラーズ
(パール)

3,080円

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

Nature’s Way(ネイチャーズウェイ)について

日本のオーガニックコスメのパイオニア*であるNature’s Way(ネイチャーズウェイ)が運営する公式通販サイト。
ネイチャーズウェイの製品は日本で作る、日本人の肌にあった自然化粧品、オーガニックコスメを目指して研究開発しています。山梨県北杜市には「有機JAS認証」を取得したオーガニック原料のハーブを育てる自社農場も保有しています。またオーガニックコスメとして歴史のある海外ブランド「WELEDA(ヴェレダ)」「DR.BRONNER’S(ドクターブロナー)」の正規輸入代理店として日本のお客様へ広くブランドをお届けする活動を実施しています。
わたし達は「自然との融和による美と健康の創造」をモットーに、豊かな自然の恵みと、関係するすべての方への感謝を忘れず、サステナブルな調達、及び生産を行い、自然化粧品の本来の価値を追求し続けます。
*TPCマーケティングリサーチ株式会社調べ ※日本化粧品工業連合会所属企業対象

商品合計¥5,500以上で送料無料

平日午後14時までのご注文で当日出荷

RECOMMEND

お問い合わせはこちら

TOPへ

コンテンツを探す

商品を探す