子供の肌と大人の肌の違い

美しい肌の代名詞に「赤ちゃんのような肌」という表現があります。確かに、やわらかくて、シミひとつない赤ちゃんの肌は、思わず触りたくなるもの。しかし、皮膚としての働きから観ると、赤ちゃんの肌はまだまだ不完全でデリケート。どちらかといえば乾燥しやすく、敏感肌に似ているともいえます。憧れの赤ちゃんの肌をよく理解すれば、弱肌さんも使える化粧品が見つかるかもしれません。

乳幼児と幼児の定義1)

子供を呼ぶ名称には区分があることをご存じですか?
子供を呼ぶ名称には、一般的に「新生児」生後28日以内、「乳児」生後1年未満、「幼児」生後1~6年、「学童」生後6~12年、「青年」生後12年以降、と区分され、乳幼児とは乳児と幼児を合わせた呼び名です。

子供の肌と大人の肌の違い

私たち大人の肌は、肌の表面にある角質層が、外部からの刺激や異物の侵入から肌を守ったり、身体の内側に蓄えている水分が逃げないようにする役割をもつ「バリア機能」が備わっています。バリア機能は①皮脂膜、②天然保湿因子(NMF)、③角質細胞間脂質と呼ばれる3つの保湿因子によって維持されていて、健康な素肌を維持しています。
さて、子供の肌はなぜ乾燥しやすいのでしょうか2)?
生後1ヶ月までの新生児期の間は、皮膚の角層水分保持機能が未熟な状態です3)4)。その理由は生後1ヶ月までは胎内から胎外へと適応していく未熟な過程であるため、バリア機能の役割を担う天然保湿因子(NMF)や角層細胞間脂質などの産生が低いからです。
出生直後は母親から胎盤を経由して移行した性ホルモンが体内に残っているため皮脂膜を作ることができ、これが皮膚をおおうことで肌を保湿しています。生後2ヶ月を過ぎると母親からの性ホルモンは代謝され、皮脂の分泌が少なくなるため皮脂量は減少します。性ホルモンの分泌が盛んになる思春期を迎えるまでは皮脂の分泌量が少なく、皮脂膜も十分に形成できません(図1)5)。子供は汗をかきやすいため乾燥していないように見えますが、じつは皮脂をバランス良く作ることができないため、汗をかいた後はより乾燥を招きやすくなります6)。

図1:皮脂産生量の年齢による変化2)
対象:5歳以上のボランティア男女各90例(各年代の男女10例ずつ)
方法:胸部を脱脂した後の24時間後の皮脂産生量を測定
Nazzaro-Porro M et al.: J Invest Dermatol, 73(1), 112-117, 1979 より一部改変

思春期前の子供では成人と比較して表皮が薄いといわれています6)。このため、角層も相対的に薄く、天然保湿因子(NMF)や角質細胞間脂質による水分保持能力なども不十分です。思春期を迎える頃から皮脂分泌量が増え、15歳頃で成人と同等になることから、10~14歳の間にバリア機能は成熟するものと考えられます。
このように子供の肌は大人の肌とは異なり、バリア機能の働きが未熟であり正常に保つことができないため、乾燥しやすい状態となります。

乳幼児からご使用頂ける製品づくり

チャントアチャームは、肌のバリア機能を補い、整えることに注力してスキンケア製品開発をしています。また、お子様にもご使用頂けるよう、使用テストを実施しております。(自社基準)※1
第一段階として、成人で敏感肌の方を対象に皮膚パッチテストを実施します。刺激性に問題はないと判定された場合※2は第二段階として6歳以下の子供と保護者を対象とした使用テストを実施します。被験者の肌に赤み、痒み、刺激などの肌トラブルが発生する可能性が著しく低いと判定された製品のみお子様(乳幼児から)への使用も推奨できると判断しています。
ただし子供の肌はデリケートです。ご使用の前には、必ずパッチテスト等お試しの上、ご使用いただくことをおすすめします。

※1 使用テストの実施は子供への使用を推奨する一部商品に限られます。
※2 すべての方に皮膚刺激が起こらないというわけではありません。

\家族みんなで使える日焼け止め/

【チャントアチャームの日焼け止め】
UVフェイス&ボディプロテクター
3,080円(税込) / 80mL
赤ちゃん*1・敏感肌*2も使える、
強力な紫外線と乾燥から全身を守る日焼け止め。

*1 乳幼児からご使用いただけます。(赤ちゃんの肌はデリケートです。ご使用の前には、必ずパッチテスト等お試しの上、ご使用いただくことをおすすめします。)
*2 敏感肌対象パッチテスト済(すべての方に皮膚刺激が起こらないというわけではありません)

【数量限定大容量サイズ】
UVフェイス&ボディプロテクター L
5,280円(税込) / 200mL
毎日の紫外線対策に。
家族みんなでたっぷり使える大容量サイズの日焼け止め。

赤ちゃんの肌は、もっちりすべすべの理想肌のように思えますが、実は乾燥しやすくデリケート。敏感肌さんや弱肌さんは、バリア機能が低下し、赤ちゃん肌に近い状態ともいえます。デリケートな肌にも使えるスキンケアで、お肌のうるおいを保ちましょう。

参考文献:
1)永井書店発行「小児ICUマニュアル第3版」(http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/picu/)
第10章 基礎的事項 より
2)Nazzaro-Porro M et al.: J Invest Dermatol, 73(1), 112-117, 1979
3)Saijo S, Tagami H: Dry skin of newborn infants: functional analysis of the stratum
corneum. Pediatr Dermatol 8: 155-159, 1991
4)白坂真紀, 段野貴一郎, 林進: 新生児皮膚における角層保湿機能の成熟過程. 日皮会誌117: 1147-1153, 2007
5)高屋通子, 徳永恵子: 皮膚障害を引き起こす因子. スキンケア, 南江堂, 東京, 29, 1998
6)山本一哉: こどもの皮膚疾患; みかた治しかたのコツ. 永井書店, 大阪, 1-7, 1999

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

コンテンツを探す

商品を探す

TOPへ