チャントアチャームとハーブ【セイヨウノコギリソウ】

こんにちは、チャントアチャームです。

チャントアチャームのこだわり成分のハーブについて開発担当者からご紹介するコラム。今回は、自社農場で育てている無農薬ハーブ※【セイヨウノコギリソウ】についてです。今までご紹介してきたハーブとは見た目も成分も少しとがった特徴を持つセイヨウノコギリソウについて詳しく解説いたします。

※化学農薬を使用せず、有機JAS規定の許容農薬に則り植物を栽培

ギリシャ神話にも登場しているって本当?

自社農場でも育てているハーブ【セイヨウノコギリソウ】。学名は「Achillea(アキレア)」という英雄の逸話から名づけられ、他のハーブよりも何とも勇ましそうなハーブです。ギリシャ神話の中では英雄アキレウスが毒矢を受けて瀕死の重傷を負ったときに女神アフロディーテが傷を癒すためにセイヨウノコギリソウを渡したともいわれています。花言葉も「戦い」「勇敢」「治癒」なので逸話のイメージにぴったりですよね。

前述のとおり見た目にもとがった特徴を持つセイヨウノコギリソウ。葉の緑に細かい切れ込みが入り、ノコギリの刃のようにみえるため和名としてこの名前がつけられました。日本にも広く分布し、繁殖力の強いハーブのひとつです。

セイヨウノコギリソウの効果・効能

さて、少し勇ましい印象をもつセイヨウノコギリソウにはどのような効果があるのでしょうか。逸話から想像できるかもしれませんがまさにその通り。傷の特効薬として、消毒や止血のために使われてきました。また、健康増進や虚弱体質の改善を目的として、ヨーロッパでは強壮剤として使用されていたそうです。日本でも漢方で風邪薬として使われるなど、薬草として世界でも広く親しまれてきたハーブです。消化器系のトラブルを改善することや、食欲不振や消化不良を緩和し、胃腸の痙攣を和らげてくれるものとしても知られています。

肌にはどのような効果が?

では実際にセイヨウノコギリソウのエキスは肌にはどのような効果があるのでしょうか。最も特徴的な効果が肌の引き締め作用。セイヨウノコギリソウのエキスに含まれているアズレンやピネン、カマズレンといった消炎効果のある成分により、肌荒れを防いで抵抗力のある肌を維持することができるとされています。また、葉はノコギリのように鋭い特徴を持つセイヨウノコギリソウですが、小さくて白いたくさんの花を咲かせます。この葉や花に少量含まれるセンタウレイジンという成分が、肌の細胞内で必要以上のメラニンが溜まることを防ぐため、美白作用があるといわれています。

肌荒れを防ぎ、美しく引き締まった肌を叶えてくれるハーブ【セイヨウノコギリソウ】。チャントアチャームがこだわるハーブのひとつとしてベーシックケアのすべてに配合しています。次回のコラムもお楽しみに!

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

コンテンツを探す

商品を探す

TOPへ