ナチュラルオーガニックコスメ専門サイト | ネイチャーズウェイ オンライン

乳液とクリームの違いとは?選び方・使い分け・塗り方のコツを徹底解説!

【乳液とクリームの違いとは?】毎日の保湿ケアを見直そう!

皆さんは普段、「乳液」と「クリーム」どちらを使っていますか?
この記事では、自分の肌にマッチした乳液・クリーム選びのお手伝いをいたします。
それぞれの違いや特徴を正しく理解して、毎日の保湿ケアを改めて見直してみましょう。
実際に使用しているスタッフのレビューもご紹介しますので、是非参考にしてみてください!

TOPICS

乳液とクリームの役割と違い

スキンケアは「洗浄」「保湿」「保護」の3ステップが基本となります。その中でも、乳液とクリームは、どちらも「肌の保護」をになう役割があります。

化粧水や美容液で肌にうるおいを与えたあとに乳液やクリームを塗ることで、油分で肌を覆い水分や美容成分を逃さないように閉じ込めます。

同じ役割を持つ「乳液」と「クリーム」ですが、どんな違いがあるのでしょうか?

1:水分と油分のバランス

乳液とクリームの違いのひとつは、水分と油分の配合バランスにあります。

乳液はクリームに比べると水分が多く、みずみずしいのが特徴です。肌に水分を与えて保護する役割もあり、肌に伸ばしやすくサラッとした使い心地になります。

一方でクリームは乳液よりも油分が多く、比較的こっくりとしています。スキンケアの最後に使用することで化粧水などの水分やうるおい成分を閉じ込めて蒸発を防ぐフタ(蓋)のような役割があるため、乳液よりも「保護」に特化しています。

それぞれ肌の乾燥状態に合わせて選ぶのがおすすめです。

2:テクスチャー・使用感

乳液は軽やかなテクスチャーで、肌にすばやく浸透します。クリームは乳液よりも濃密で、肌に豊富な保湿効果や美容効果を発揮し、より重厚感のあるテクスチャーになります。

スキンケアは「さっぱり派!」で、ベタつきにくいサラッとした使い心地が好きな方には乳液がオススメです。反対に、こっくり濃密な使い心地が好きな「しっとり派!」の方には、クリームがオススメです。

乳液とクリームを使い分ける際のポイント

乳液とクリームには、油分と水分のバランスやテクスチャーの違いがあるということがわかりましたが、使い分ける際にポイントはあるのでしょうか?

ここからは使い分けに関する3つのポイントをご紹介します。

1:肌の状態・肌タイプ

皮脂の分泌が活発な「オイリー肌」や、Tゾーンはテカるけど頬は乾燥している「混合肌」が気になるときには、サラッとした乳液がオススメ。

オイリー肌は肌のベタつきやテカリが気になりやすいのが特徴ですが、だからといって化粧水だけでスキンケアを終わらせるのはNG。せっかく与えた水分が肌にもともとあった水分と一緒に蒸発し、乾燥してしまうことで逆に皮脂を過剰に分泌してしまいます。そのため、オイリー肌の方でも乳液で肌にフタをしてあげることが大切です。

混合肌は、オイリーな部分と乾燥している部分の両方を持ち合わせているのが特徴です。オイリー肌の方や乾燥肌の方でも、日によって混合肌に揺らぐこともあるでしょう。
混合肌の状態のときは、顔全体に乳液を塗ったら、乾燥しやすい頬などのパーツにはもう一度乳液を重ね付けするのがオススメです。顔のパーツごとに乳液とクリームを使い分けるのも良いでしょう。

顔全体が乾燥しやすい「乾燥肌」の方や肌に刺激を感じやすい「敏感肌」の方には、クリームがおすすめ。

乾燥肌は肌に水分・油分の両方が足りていない状態なので、乳液よりも長時間乾燥を防ぐことができるクリームで化粧水で与えた水分をしっかり閉じ込めると良いでしょう。

また、敏感肌も肌を外的刺激から守るバリア機能が弱まり、肌の水分・油分が不足している状態です。肌のうるおいを自ら保つことが難しいので、乾燥肌と同じように水分・油分の両方のうるおいを補えるクリームを塗り、肌のうるおいをしっかり保ってあげることが大切です。

2:季節

季節によって使用するアイテムを変えるという手もあります。梅雨時や夏はベタベタ感が不快になりやすいため、さっぱりした乳液で済ませ、乾燥が気になる冬はクリームで保護するのがオススメです。

外的要因に合わせてスキンケアアイテムを変えてあげると、肌の状態もゆらぎにくくなりますよ!

3:朝or夜

スキンケア後にメイクをする朝は、時間もないためクリームのベタつきがメイクの邪魔になってしまう…ということもありますよね。

朝はサッと肌に馴染む乳液でケアして、夜寝る前にじっくりクリームでケアするという使い分けもオススメです。夜にしっかり保湿をしておけば、寝ている間にスキンケア成分がじっくり角質層の隅々まで浸透して、起きたときには肌がモチモチに!朝に肌がうるおっていれば、軽い乳液で保湿するだけでも十分なうるおいを感じられます。

乳液やクリームの正しい塗り方・順番は?

乳液やクリームは、油分で肌をおおうイメージを持って塗ってあげましょう。

どちらも適量を手にとったら、体温で温めながら、 頬と額、顎に付けていきます。そのあとは、両手のひらを使って顔を包み込み、顔の中心から外側へ、ゆっくりとこすらずにのばしましょう。
最後には、ハンドプレスでしっかり油分を肌に馴染ませるのを忘れないようにしてください。

また、容器がジャータイプのものは、スパチュラやヘラなどで取ると衛生的に使い切ることができます。

乳液とクリームは一緒に使ってもいいの?

乳液とクリームは一緒に使っても問題ありません。しっかり肌を保護したいときや、さっぱりめの乳液だと物足りないときなどは、両方合わせて使ってみましょう。

一般的には油分の少ないアイテムから順に重ねていくことが推奨されています。そのため、乳液→クリームの順がおすすめです。

乳液のおすすめ4選

チャントアチャームモイスト ミルク

120mL ¥2,860(税込)

ハリとうるおいが満ちる、なめらかな肌へ導くしっとり乳液。
コメヌカから抽出される天然植物セラミド「コメヌカスフィンゴ糖脂質(保湿)」を配合し、肌の水分をキープしてバリア機能を保ちます。
オリジナルブレンド精油によるハーバルフローラルの香り。

スタッフレビュー

スタッフ T
30代(女性)

ずっとクリーム派だった私ですが、この乳液に出会ってからはずっとこれ一択!
サラッとしたテクスチャーなのに肌にのせるとクリームのようにしっとり馴染む不思議な感覚がやみつきになりました。
フローラル系の華やかな香りも心地良くて気に入っています!

ヴェレダワイルドローズ モイスチャーミルク

70mL ¥4,400(税込)

植物のリッチなうるおいに満たされる、美容乳液。
4種の植物オイルとこだわりの植物エキスのブレンドで、ゆらぐことのない、ふっくらとしたハリのある肌に導きます。
みずみずしいなめらかさで肌を包み込み、ベタつかず、しなやかな感触を与えます。

スタッフレビュー

スタッフ N
20代(女性)

肌のゆらぎが気になっていたときに他のスタッフに勧められて、化粧水と合わせてこのワイルドローズシリーズを使用しています。
この2ステップだけでも十分なしっとりとした肌馴染みです!
特に香りが気に入っていて、まるで摘みたてのローズのようなフレッシュな香りが贅沢な気分になります。

バイオラブエミュルジオン ピュール (ノーマル/ドライ スキンタイプ)

80mL ¥7,150(税込)

みずみずしい軽い感触で、水分をたっぷり与える「エステサロン専売品」の保湿乳液。
しっとりとしたうるおいの保護膜でお肌をなめらかに整え、肌の角質層のコンディションを快適に保ちます。

スタッフレビュー

スタッフ S
30代(女性)

初夏からこの乳液に切り替えるのが私の毎年のスキンケアルーティン。さっぱりとしたテクスチャーでみずみずしく肌に馴染むので、Tゾーンなど部分的にテカリが気になる混合肌の私でも、ベタつかず心地良く使えます。良い意味でハーブが複雑に混ざり合ったような深みのある精油の香りもお気に入り。この乳液を使うと肌を褒められることが多いので、これからも毎年愛用し続けます!

バイオラブエミュルジオン ソンシーブル(センシティブ スキンタイプ)

80mL ¥7,150(税込)

肌がゆらぎやすい方のために作られた、「エステサロン専売品」の敏感肌用保湿乳液。
やわらかく軽いテクスチャーのミルクがうるおいの保護膜を作り、外的環境から守りながらキメの整った健やかな肌を保ちます。

スタッフレビュー

スタッフ I
30代(女性)

もともと敏感肌ですが、特に肌荒れが気になっていた時にこの乳液を使い始めました。敏感肌用の乳液ということもあり、やさしい使い心地で乾燥して荒れ果てた肌にもスーッと馴染んでいきました。
スキンケアタイムが毎回楽しみになるほど、ナチュラルな精油の香りもお気に入りです!

クリームのおすすめ5選

チャントアチャーム モイスト クリーム

30g ¥3,300(税込)

ふっくらハリ肌を実現する、高浸透*1保湿クリーム。
敏感肌*2の方でも心地よく使用できる天然成分「バクチオール*3」を配合し、"攻め"と"守り"のケアを両方実現しました。こっくりとしたテクスチャーながらベタつきのない使用感です。

*1 角質層まで
*2 敏感肌パッチテスト済み(すべての方に、皮膚刺激が起こらないというわけではありません)
*3 肌にハリを与える/保湿

スタッフレビュー

スタッフ G
20代(女性)

こっくりとしたクリームなのに伸びが良くてベタつきも感じないのがお気に入り。一年中乾燥肌なのでしっかり保湿はしたくても、ベタベタするのは苦手な私には手放せないアイテムです。もちろん化粧水の後このクリームだけでも良いのですが、化粧水・乳液を塗った後に更に乾燥が気になる目周りや頬に重ね付けする使い方もおすすめです!

ヴェレダアイリス モイスチャークリーム

30mL ¥3,190(税込)
ベタつかず、さっぱりとしたうるおいを与える基礎保湿クリーム。 肌に溶けこむように馴染む軽いつけ心地で、肌の水分・油分のバランスを補い保ちます。

スタッフレビュー

スタッフ S
20代(女性)

名前はクリームですが乳液のようなさっぱりとしたテクスチャーなので、スキンケアは全部「さっぱり派」のオイリー肌の私にもぴったりなクリーム!ベタつかないけどしっとり馴染む使い心地です。化粧下地としても使えるのも嬉しいポイントです!香りは爽やかですっきりとしたお花のような香りがほんのりします。

バイオラブクレム ブリヤンテ

45mL ¥9,900(税込)
エイジングリスク*1から肌を守る、リッチな保護クリーム。 肌のモイスチャーバランスを保ち、うるおいに満ちた透明感*2のあるハリ肌に導きます。

*1年齢を重ねた肌トラブル
*2キメの整った状態

スタッフレビュー

スタッフ H
40代(女性)

肌のエイジングサイン*が気になり始めてから、スキンケアはエステサロンでプロが施術で使用している「バイオラブ」で揃えています。特にこのクリームは「さすがエステサロン専売品!」と思える頼もしいアイテム。こっくりとしたテクスチャーでピタッと肌に密着します。華やかなフローラル調の精油の香りで、エステサロンならではのちょっと贅沢な気分に浸れます!
*ハリ・ツヤ不足

ヴェレダアーモンド フェイシャルクリーム

30mL ¥3,740(税込)

敏感に傾きがちな肌を守るフェイシャルクリーム。
なめらかな感触のリッチなクリームが肌にしっとり馴染み、日中は乾燥などの外的刺激から肌を守り、夜は肌のうるおいをバランスよく補って保ちます。

スタッフレビュー

スタッフ K
20代(女性)

突然肌が赤くなったり痒くなったりと、環境の変化で肌トラブルが起こりやすい「ゆらぎ肌」なので、無香料で成分もとてもシンプルなこのクリームは手放せません。特に肌のゆらぎが気になるときは、洗顔後このクリームだけで保湿しています!

ヴェレダスキンフード ライト

30mL ¥1,760(税込)

乾燥肌のレスキュークリームとして、90年以上世界中で愛され続けている*〈スキンフード〉のライトタイプ。乾燥からしっかり肌を守りながらも、ベタつかないみずみずしいテクスチャーで素早く肌に馴染むので、暖かい季節にも心地良く使えます。

*世界50ヵ国以上で販売

スタッフレビュー

スタッフ T
20代(男性)

化粧水の後にこのクリームを使っています。テカリやすいオイリー肌ですが、みずみずしい使い心地で伸びが良く、顔に塗ってもベタつきません。香りが良いので、顔だけでなく持ち歩いてハンドクリームとしても愛用中。ライトグリーンのパッケージも爽やかで気に入っています!

【番外編】他のスキンケアアイテムと乳液・クリームの違い

最後にフェイスミルクやバーム、化粧水などのスキンケアアイテムと乳液&クリームの違いについて解説します。

1:フェイスミルクとの違い

フェイスミルクは乳液とほとんど同じと考えて問題ありません。一般的に、ミルキーでサラサラしたタイプのものが多い傾向があります。

サラサラめのフェイスミルクなら、クリームやバームと併用して油分を補うのも良いでしょう。

2:バームとの違い

バームは油分が主成分のスキンケアアイテム。クリームよりもさらに硬めのテクスチャーで、常温だと固形状です。
手のひらにのせると体温で溶けて滑らかなテクスチャーになるのが特徴です。ねっとりとしたミツロウやシアバターなどの油分が主成分になります。
乾燥がひどいときや真冬などにおすすめのアイテムです。

乳液やクリームを塗っても乾燥が気になる場合は、スキンケアの最後の仕上げにバームを薄く塗って、さらに肌の表面を保護してあげるのも良いでしょう。

3:ローション(化粧水)との違い

ローション(化粧水)は、その名の通り水分が主成分のスキンケアアイテムです。水分のうるおいを与えて「保湿」する役割をになっています。

洗顔したあとはローションで保湿し、乳液・クリームで保護するのが基本のスキンケアの流れです 。

まとめ

乳液・クリームの選びやオススメアイテムをご紹介いたしました。気になるアイテムは見つかりましたか?

毎日のスキンケアで大切なことは、自分の肌とじっくり向き合うこと。

肌は季節や環境、心のバランスによっても日々変化していきます。「今の自分の肌にはどんなケアが必要なのか」それを一日の始まりと終わりのスキンケアタイムでよく観察してみてください。
自分に合ったスキンケア方法で毎日丁寧に肌をいたわり、より健やかな「褒められ素肌」を保っていきましょう!

「化粧水」についてはこちら!

執筆者

ネイチャーズウェイ
コンテンツ担当

さくらい

飲食店やアパレル店の接客経験を経て、 化粧品の販売スタッフとしてネイチャーズウェイに入社。現在はSNSやコラムの執筆を担当。趣味は美味しいお酒と映画。
監修者

ネイチャーズウェイ
研究開発本部 製品開発チーム

おおえ

自然化粧品の考え方に共感し、自分もその一端を担いたいという思いからネイチャーズウェイに入社。入社以来処方開発業務に従事し、スキンケア・メイクアップ・ヘアケア製品と幅広く商品開発を担当している。

SHARE:

Nature’s Way(ネイチャーズウェイ)について

日本のオーガニックコスメのパイオニア*であるNature’s Way(ネイチャーズウェイ)が運営する公式通販サイト。
ネイチャーズウェイの製品は日本で作る、日本人の肌にあった自然化粧品、オーガニックコスメを目指して研究開発しています。山梨県北杜市には「有機JAS認証」を取得したオーガニック原料のハーブを育てる自社農場も保有しています。またオーガニックコスメとして歴史のある海外ブランド「WELEDA(ヴェレダ)」「DR.BRONNER’S(ドクターブロナー)」の正規輸入代理店として日本のお客様へ広くブランドをお届けする活動を実施しています。
わたし達は「自然との融和による美と健康の創造」をモットーに、豊かな自然の恵みと、関係するすべての方への感謝を忘れず、サステナブルな調達、及び生産を行い、自然化粧品の本来の価値を追求し続けます。
*TPCマーケティングリサーチ株式会社調べ ※日本化粧品工業連合会所属企業対象

コンテンツを探す

商品を探す

商品合計¥5,500以上で送料無料

平日午後14時までのご注文で当日出荷

RECOMMEND

お問い合わせはこちら