【顔のくすみ】5つの原因と、今すぐやるべき5つの対策

【顔のくすみ】5つの原因と、今すぐやるべき5つの対策
【顔のくすみ】5つの原因と、今すぐやるべき5つの対策
ふと鏡を見たとき「いつもより顔色が暗いかも…。」と感じたことはありませんか?
それは ” 肌のくすみ ” が原因かもしれません。 そもそもなぜ肌がくすんで見えてしまうのか?その原因と今すぐ実践するべき5つのくすみ対策をご紹介します。自分のくすみのタイプを知って、あなたらしくいきいきとした透明感のある美肌を手に入れましょう!

TOPICS

そもそも「くすみ肌」とは?

肌がどんよりと暗く見え、肌に透明感とツヤがない状態のことをいいます。
血色感もなく、不健康な印象に見えてしまうことも。せっかく朝ベースメイクを綺麗に仕上げても、夕方になってふと鏡を見ると「肌がなんとなく疲れて見える…」という方は、肌のくすみが原因かもしれません。

ー くすみ肌と健康的な肌の比較 ー

くすみ肌
健康的な肌
左の画像は肌色のトーンが暗くどんよりとした印象に見えるのに対して、右の画像の肌は透明感があり、いきいきとした元気な印象に見えます。では、なぜ肌がくすんでしまうのか、その原因を紐解いていきます。

くすみのタイプは5種類もあった!その原因とは?

【顔のくすみ】5つの原因と、今すぐやるべき5つの対策
くすみのタイプは、なんと5種類もあることをご存知でしたか? それぞれのくすみのタイプごとに、異なる原因があります。

1. グレーがかったくすみ

原因:肌の乾燥、角質肥厚

肌に透明感がなく、グレーがかった肌色に見えるくすみは、主に肌の乾燥とターンオーバーの乱れによる角質肥厚が原因です。
乾燥した肌や、肌表面がごわごわと固くなる角質肥厚の肌は、光を透過できず反射もしにくいため、グレーっぽくくすんで見えてしまいます。

2. 色ムラのある茶色っぽいくすみ

原因:メラニンによる色素沈着

肌に色ムラがあり茶色っぽく見えるくすみは、過剰に生成されたメラニンによる色素沈着が原因です。メラニンは紫外線を浴びたときだけではなく、摩擦で肌を刺激したり、ストレスを感じたりしたときにも生成されます。肌は自らを守るためにメラニンを作りますが、そのメラニンが正常に排出されないと色素沈着を起こし、所々茶色っぽくくすんで見えてしまいます。

3. 青黒いくすみ

原因:血行不良

肌に血色感がなく青黒く見えるくすみは、身体の疲れや運動不足、冷えなどによる血行不良が原因です。血液の流れが悪くなると毛細血管が青く目立ち、顔がどんよりと冷たい印象に見えてしまいます。

4. 黄みがかったくすみ

原因:肌の糖化

肌の色が黄みがかったように見えるくすみは、体内で糖質とタンパク質が結合し、黄褐色の「AGEs」という物質が生成されて起こる、肌の糖化が原因です。糖化は体内で作られた「焦げ」のようなもので、甘い物など糖質が高い食べ物を多く摂りすぎると、その「焦げ」ができやすくなります。肌が黄色っぽく見えるだけでなく、肌の弾力もツヤもなくなってしまうのが特徴です。

5. 赤みを帯びたくすみ

原因:肌の炎症

肌の炎症による赤みも、肌がくすんで見えてしまう原因のひとつです。バリア機能が低下している状態なので、摩擦や紫外線、花粉、PM2.5などの外的刺激も受けやすくなります。グレーがかったくすみの原因である「肌の乾燥」や、茶色っぽくくすむ原因となる「メラニンによる色素沈着」も引き起こしやすくなるので注意が必要です。

今すぐ始めよう!5つのくすみ対策

1. 丁寧なスキンケアを心掛ける

丁寧なスキンケアで肌の水分・油分のバランスをしっかり保つことは、くすみ肌の改善に一番欠かせない対策方法です。特に乾燥しやすい頬は化粧水を重ね付けして、しっかりと乳液やクリームでフタをしてあげましょう。摩擦がかからないよう気をつけながら、自分の肌をいたわるように、やさしくたっぷりと肌にうるおいを与えてください。秋冬の、空気の乾燥が特に気になる季節は、加湿器などで部屋の湿度を適度に保つことも大切です。
ごわつきの気になる角質肥厚が原因のくすみ肌さんは、週に1回程度のペースでピーリングケアをして、ターンオーバーの手助けをするのもおすすめです。

2. UV対策を徹底

丁寧なスキンケアと同じくらい欠かせないのがUV対策。紫外線は天気が良い日も悪い日も一年中降り注いでいるので、必ず毎日、日焼け止めやUVカット効果のあるベースメイクアイテムを塗るようにしましょう。室内にいるときでも、日差しが入り込む窓側に近いエリアは、紫外線が窓やカーテンを通り越して降り注いでくることがあるので注意が必要です。
\ 合わせて読みたい /

3. 身体をしっかり温める

身体の冷えは、くすみ肌さんにも大敵。身体を温めるのに一番効果的なのは、やっぱりお風呂で湯舟にじっくり浸かることです。入浴は新陳代謝を高めることができ、血行不良の改善にも繋がります。
また、お風呂上りに顔のマッサージをするのもおすすめです。フェイシャルオイルなどを使用して、摩擦にならないようやさしくマッサージをすることで血行を促し、血色感のあるやわらかな肌を手に入れることができます。ただし、肌の炎症が起きている赤みを帯びたくすみ肌さんは、逆に肌への刺激になってしまうので、マッサージは控えておきましょう。

4. 生活習慣の見直し

生活習慣の乱れは、肌のバリア機能が低下して肌トラブルが起こりやすくなるので、結果的にくすみ肌の原因となってしまいます。「バランスの良い食事」「適度な運動」「上質な睡眠」の3つを心掛けるようにしましょう。甘いものを過剰に摂り過ぎないようにしながら、肌の栄養になるタンパク質、ビタミンA、ビタミンC、亜鉛を積極的に摂取するのもおすすめです。

5. リラックスタイムを毎日作る

ストレスを感じると自律神経が乱れ、くすみ肌の原因となる肌のバリア機能の低下やターンオーバーの乱れ、肌の糖化までも引き起こしてしまいます。ストレスを溜め込みすぎないためにも、自分のためにリラックスタイムを作り、心も身体も癒してあげることが大切です。忙しい毎日で中々自分の時間が作れない…という方は、時々ゆっくりと深呼吸をするだけでも、気持ちがすっと落ち着きますよ。

くすみ肌の救世主アイテム

くすみ肌を根本的に改善するには時間が必要です。 「今すぐにくすみをなんとかしたい!」という方は、コントロールカラー下地を使用するのがおすすめです。 くすみのタイプに合ったカラーを使えば、自分好みの理想の肌に近づけることができます。
\ おすすめアイテム /
01バイオレット
色ムラのある茶色っぽいくすみ、黄みがかったくすみに
ナチュラグラッセ カラーコントロール ベース ピンク
02ピンク
グレーがかったくすみ、青黒いくすみに
ナチュラグラッセ カラーコントロール ベース イエロー
03イエロー
色ムラのある茶色っぽいくすみ、赤みを帯びたくすみに
\ 合わせて読みたい /
ナチュラグラッセのベースメイクは、全てスキンケア仕立て!
天然由来原料100%で作られたナチュラグラッセのベースメイクアイテムは、スキンケアベースにミネラルで色付けしたスキンケア処方。メイクでありながら、しっかりとスキンケア効果を発揮します。「うるおいながらメイクを楽しめる」それがナチュラグラッセの魅力です。

くすみ肌にサヨナラ!

顔のくすみの改善は、自分をいたわる気持ちが大切です。
いつも頑張ってる自分に「ありがとう」の気持ちを込めて、毎日、少しの時間だけでも自分と向き合う特別なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。
心と身体の両方いたわってあげることで、くすみ肌は自然と改善していきます。
自分のペースで、自分に合った対策方法を実践しながら、くすみ肌を卒業しましょう!
\ 合わせて読みたい /

ネイチャーズウェイYouTubeチャンネル

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

商品合計¥5,500以上で送料無料

平日午後14時までのご注文で当日出荷

RECOMMEND

お問い合わせはこちら

TOPへ

コンテンツを探す

商品を探す