ナチュラルオーガニックコスメ専門サイト | ネイチャーズウェイ オンライン

美白効果の高い乳液とは? 理想的な使い方もチェック!

毎日のシミ対策には、保湿も一緒にできる美白乳液がおすすめです。そもそもなぜシミができてしまうのか、美白乳液の効果的な選び方や使い方と一緒にチェックしてみましょう。

そもそもなぜシミができるのか?

主な原因は紫外線

シミができる主な原因は、紫外線です。紫外線を浴びると肌の細胞が傷つけられ、メラニン色素が大量に生成されます。そもそもメラニン色素は肌の細胞を守るために作られる、盾のような存在です。しかし、茶褐色をしているため、大量に蓄積すると目に見えるシミとなってしまいます。
若いころは肌のターンオーバーが活発なため、メラニン色素が作られても蓄積せずに排泄され、シミになることはほとんどありません。しかし、加齢によって肌のターンオーバーが遅くなるとメラニン色素が蓄積しやすくなり、シミもできやすくなります。年を重ねるごとにシミができやすくなるのは、肌のターンオーバーの変化が関係しているのです。

炎症性色素沈着もシミの1種

茶色いニキビ跡、虫刺されや傷などの跡も、シミの一種です。ニキビや傷などによって炎症が生じると、紫外線を浴びたときのようにメラニン色素が生成され、シミができてしまいます。このようなシミは炎症性色素沈着といい、紫外線でできたシミよりも比較的改善しやすいのが特徴です。炎症性色素沈着のケアにも、美白乳液が効果的ですよ。

ストレスや生活習慣が原因になることも

実はストレスや生活習慣の乱れなども、シミの原因になることがあります。ストレス、睡眠不足、偏った食生活などが続くと、体内に活性酸素が発生し、その攻撃から肌の細胞を守るためにメラニン色素が作られてしまうのです。シミを増やさないためには、紫外線対策や正しいスキンケアを心がけるともに、生活習慣を整えることも大切です。

美白効果の高い乳液を選ぶポイントとは?

刺激性が低い

シミの元となるメラニン色素は、肌への刺激がきっかけで作られます。そのため、乳液も肌への刺激性が低いものを選びましょう。石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、合成香料、合成着色料などは肌に刺激を与える恐れがあるので、これらが無添加な乳液がおすすめです。もちろん乳液だけでなく、他のスキンケアアイテムやメイクアイテムも、シミ予防のためにできるだけ無添加処方のものを選びたいですね。

保湿効果が高い

肌が乾燥すると、肌のターンオーバーが乱れてメラニン色素が蓄積しやすくなります。肌のターンオーバーを正常に保つために、必ず保湿効果の高い乳液を選ぶようにしましょう。天然由来アミノ酸やオイルが配合された乳液なら、肌に極力刺激を与えず、やさしく保湿できて安心です。

有効成分が配合されている

美白有効成分が配合されている乳液も、シミ対策に効果的です。一般的な化粧品であれば、ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、プラセンタエキスなどが配合されているものがいいでしょう。ただし、敏感肌の方はこれらの成分に刺激を感じることがあります。事前に試供品やトライアルなどで、使用感に問題がないか確かめておきましょう。

続けやすい価格

乳液は毎日使うスキンケアアイテムですから、価格も重要です。高価なことが原因で続けられなければ、意味がありません。長く使っていくために、続けやすい価格帯から選びたいですね。

美白効果の高い人気の乳液を紹介

¥2,750

植物オイルが肌を保護し、うるおいを閉じ込める保湿乳液。天然由来アミノ酸や北アルプス温泉水などの美容成分が肌の乾燥を防ぎ、ターンオーバーを整えます。肌のキメを整えてツヤを与えるため、透明感を高める効果も期待できます。石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、合成香料、シリコン不使用と低刺激処方。さらに2,750円と続けやすい価格も、幅広い年代に人気の秘訣です。

¥4,180

モスカータバラ葉エキスなどの美容成分、モスカータバラ種子油などの4種のオイルを配合した、みずみずしい保湿乳液。肌を柔らかく保つことで、正常なターンオーバーへ導きます。オーガニックローズの心安らぐ香りなので、忙しい女性のストレスケアにも効果的です。

効果を高める乳液の使い方とは?

正しい順番で使う

スキンケアアイテムの効果を高めるためには、正しい順番で使うことが大切です。基本的に基礎化粧品は、化粧水→美容液→乳液→クリームと、油分が少ないものから順番に使います。乳液は、化粧水もしくは美容液の次に使いましょう。
※美容液やクリームは省いてかまいませんが、肌悩みにあわせてプラスすると効果的です。

適量を守る

化粧品は、種類によって適量が異なります。量が多すぎるとテカリやべたつきの原因になってしまうため、パッケージや説明書をよく読み、適量を使いましょう。適量でべたつくようなら量を少し減らし、乾燥する場合は追加してくださいね。
※適量が表示されていない場合は10円玉大を基準にし、肌質にあわせて量を調節しましょう。

手のひらで軽く温めてから使う

乳液を手のひらで軽く温めてから使うと、伸びが良くなるうえに角層への浸透力がアップします。寒い季節で手が冷たいときは、お湯などで手を温めてからスキンケアされてくださいね。

ハンドプレスで浸透させる

顔全体に乳液をなじませたら、最後に手のひらで顔を包み込みましょう。ハンドプレスによる密着と手のひらの温かさで、より肌への浸透が良くなります。

気になる部分には重ねづけを

乾燥が気になる部分には、乳液を重ねてつけましょう。うるおいをしっかり閉じ込めることで、肌のターンオーバーが正常に保たれやすくなります。しっかり保湿すればキメが整ってツヤが出るため、透明感や若々しさの維持にもつながります。

まとめ

シミやくすみを防ぐためには、紫外線対策を続けるとともに、正しい保湿をすることが重要です。メラニン色素が蓄積しにくい健やかな肌を保つために、美白乳液を取り入れたケアを始めてみてくださいね。

おすすめの商品

チャントアチャーム
モイストチャージエッセンス

4,180円

チャントアチャーム
ディープ モイスト オイル

3,520円

ナチュラグラッセ
スキンバランシング ベース

3,520円

ナチュラグラッセ
メイクアップ クリーム

3,080円

SHARE:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

Nature’s Way(ネイチャーズウェイ)について

日本のオーガニックコスメのパイオニア*であるNature’s Way(ネイチャーズウェイ)が運営する公式通販サイト。
ネイチャーズウェイの製品は日本で作る、日本人の肌にあった自然化粧品、オーガニックコスメを目指して研究開発しています。山梨県北杜市には「有機JAS認証」を取得したオーガニック原料のハーブを育てる自社農場も保有しています。またオーガニックコスメとして歴史のある海外ブランド「WELEDA(ヴェレダ)」「DR.BRONNER’S(ドクターブロナー)」の正規輸入代理店として日本のお客様へ広くブランドをお届けする活動を実施しています。
わたし達は「自然との融和による美と健康の創造」をモットーに、豊かな自然の恵みと、関係するすべての方への感謝を忘れず、サステナブルな調達、及び生産を行い、自然化粧品の本来の価値を追求し続けます。
*TPCマーケティングリサーチ株式会社調べ ※日本化粧品工業連合会所属企業対象

商品合計¥5,500以上で送料無料

平日午後14時までのご注文で当日出荷

RECOMMEND

お問い合わせはこちら

TOPへ

コンテンツを探す

商品を探す